ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. McAfee AntiVirus Products
  4. McAfee Application Control
  5. 導入効果
ここから本文です。

McAfee Application Control - 導入効果

Windows Server 2003/2003 R2延命時のセキュリティ対策

Windows Server 2003/2003 R2の利用を続ける場合、ハードウェアの故障といったリスクを回避するため、仮想化する場合が多いかと思います。

仮想化の図

しかし、2015年7月にマイクロソフト社によるWindows Server 2003/2003 R2のサポートが終了します。
このため、アンチウィルスソフトのサポート終了により新種のコンピュータウィルスや、新規のセキュリティ更新プログラムが作成されないことにより、ぜい弱性を利用した攻撃による被害を受ける可能性があります。

ぜい弱性攻撃の図

McAfee Application Controlでは、ホワイトリストメモリ保護機能により、新種のコンピュータウィルスやぜい弱性を利用した攻撃からWindows Server 2003/2003 R2を保護することで、マイクロソフトによるサポートが終了した後のセキュリティリスクを軽減します。


ページの先頭へ戻る