ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. Hadoop
  4. 導入事例
ここから本文です。

Hadoop - 導入事例

NECは2009年からHadoopシステムの検証・構築サービスを開始しており、さまざまな業種のシステムに支援してきました。

データ量が増えRDBMSでは夜間バッチが終わらない、非構造化データを含めた分析をしたいなど、Hadoopシステムの導入で解決できるユースケースを紹介します。

ユースケース

DWHデータをHadoopへオフロード

課題
  • 通常業務のデータのみでDWHがひっ迫し、生産管理や購買予測などの分析のためのデータを蓄積できない
  • DWHに蓄積されたデータが大き過ぎて性能が劣化し、バッチ処理が期間内に終わらない
導入効果
  • 分析用途のデータ、古いデータをHadoopに移行することで、廃棄していたデータの蓄積が可能
  • DWHに蓄積されているデータ量が減り、通常業務や分析ツールの性能が向上

ETLと組み合わせた品質向上システム

課題
  • 蓄積可能データ量の制限から、製造工程における品質データを蓄積できず、工程ごとの品質分析ができない
  • 拠点ごとで生産管理を行っているため、全拠点の横串分析ができない
導入効果
  • 分析システムにHadoopを導入し、廃棄していた製造工程ごとのデータを蓄積
  • 各拠点バラバラに管理されていた品質データを、1つのHadoopクラスタに収集・蓄積することで、横串検索が可能

NEC独自エンジン「RAPID機械学習」との連携

課題
  • 出荷時の検品処理を目視で確認しているため、高コスト
導入効果
  • RAPID機械学習により、出荷製品の画像から傷と思われる部分の検出し、目視チェック対象数を削減
  • RAPID機械学習で利用した画像データはHadoopに格納し、出荷後の問い合わせ対応に利用

資料請求・お問い合わせ