Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

開発フレームワーク - 自動車部品製造業向け 生産管理システム:EXPLANNER/Ja

EXPLANNER/J Studioのメリット

イメージ:EXPLANNER/J Studioの画面

“EXPLANNER/J Studio”は、上位設計から下流実装までを一元管理する事が可能な開発フレームワークであり、企業と共に成長する、変化に強いシステムを実現します。

迅速なシステム構築により、企業環境の変化に追随

  • 3つの工夫でシステム構築期間を短縮可能
  • 既存機能の部品流用により、効率的なシステム拡張が可能

開発資産の一元管理により、保守性を向上

  • システム設計情報の一元管理により、整合性のあるシステム拡張
  • 設計情報とプログラムソースの一致により、ブラックボックス化を防止
  • 内部統制における、IT全般統制を支援

OS、DBなどの変化に影響されにくいシステムを実現

  • 標準機能と合わせて、アドオン・カスタマイズした機能に対する、OS、DBなどのバージョンアップの影響を最小限に抑える事が可能な、FoundationAPIを実現

システム期間短縮のポイント

プログラム自動生成~伝達ドキュメントの排除~合意形成の短サイクル化

【プログラム自動生成】

  • 認証管理、セッション管理、ワークフロー管理、メニュー管理などの骨格部分を全自動構築
  • 自動生成部分とロジック埋め込み部分を分離し、上書きによる後戻りを完全排除
  • Visio・Excelなどの使い慣れたユーザーインターフェース採用、効果的な機能群を継承活用可能
イメージ:サービス利用形態

【伝達ドキュメントの排除】

  • 開発工程間の「伝達ドキュメント」を排除
  • システム運用メンテのための「最終ドキュメント」はEXPLANNER/J Studioで一元管理
イメージ:サービス利用形態

【合意形成の短サイクル化】

  • 従来のプロトタイプ手法はユーザー合意の為のモックアップを作り、モックアップは廃棄し、1から作り直していました。EXPLANNER/J Studioは無駄なものは一切つくりません。したがって従来のプロトタイプ手法とは異なり、スパイラル的にユーザー合意形成が図れます。

EXPLANNER/J Studio 機能一覧

開発フレームワーク“EXPLANNER/J Studio”は、以下の機能を兼ね備えておりますので、短期間・低コストで他社と差別化を図る独自仕様を組み込んだ基幹システム構築を実現します。


機能機能説明

業務フロー設計 OPFDesigner (専用ツール)で業務フローを設計する機能。
又、ビルド時メッセージ制御情報も作成します。
データベース
設計
Object Browser ERと連携し、データベース設計を行う機能。
画面設計 DreamWeaver MXと連携し、画面設計を行う機能
処理設計 PDConnecor(専用ツール)を利用しロジック設計する機能。
仕様書管理 最低限の仕様書を生成したり、管理する機能。
ビルド 予め準備されたWEB実装用コードテンプレートと、上記各設計機能による設計情報からサーバ側プログラムソースを出力する機能。又、同時にコンパイルすることも可能。



メッセージ設計
仕様確認
MessageViewer (専用ツール)を利用し、業務フロー内のメッセージをイメージ表示
クロス
リファレンス
処理-DBの関連をイメージ表示
不整合
チェック機能
画面,処理,DB間で不整合をチェックし、Excel表示


障害監視 状況に応じたコンソールメッセージを表示する機能
異常通知
機能
異常時通知機能を実現する部品群
詳細な情報をカタログに掲載しております。

資料・カタログの請求>