ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

導入事例:株式会社三冷社 様

株式会社三冷社様は、情報の一元管理、現場との共有を目指し、EXPLANNER/Cを導入。

月次決算業務・期末決算処理の迅速化と業務の効率化を実現した事例をご紹介いたします。

導入背景・課題

  • 東京と大阪に二系統の基幹システムを持ち、顧客や財務の情報も二箇所で管理していたため、「情報の共有ができない」「データの二重入力が発生する」「データの活用ができない」「原価の早期把握ができない」「現場で利用できない」などが課題であった。
  • 上記課題を解決するために、工事原価管理と会計が一体化したシステムを導入し、リアルタイム処理の実現を目指した。
  • システム更新に際し、原価管理と会計が一体化したシステムであり、自社の業務フローに近い機能を有し、更にインターネット経由で現場からの利用も可能な「EXPLANNER/C」の導入に踏み切った。

導入成果

  • 原価管理と財務会計の連携により、月次決算業務と期末決算処理が迅速化した。
  • データの二重入力が解消され、業務の効率化が図れた。
  • 原価・会計のデータベース化により、経営に必要な情報が整備された。
  • リアルタイムに原価情報を参照可能となり、現場のコスト意識が向上した。

お客様プロフィール

株式会社三冷社

設立 1948年2月
資本金 3億円
売上高 190億円(2007年度)
住所 東京都中央区日本橋本町3-4-6 ニューカワイビル
従業員数 226名(2008年4月現在)
事業内容 設備工事の設計施工ならびにアフターサービス
冷暖房・空気調和設備・給排水・衛生設備、防災設備、冷凍・冷蔵設備
工業用クリーンルーム設備
URL http://www.sanrei.co.jp

詳細な情報をカタログに掲載しております。

資料・カタログ請求

お問い合わせ・お見積もりはこちら

ページの先頭へ戻る