Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

物流改革に向けた物流KPIマネジメントの重要性 【第1回】

講師:柴田 道男

第1回 物流戦略とKPIマネジメント(2009年7月15日公開)
講師:柴田 道男  プロフィール
(NEC 流通・サービス業 ソリューション事業本部 ソリューション推進部 マネージャー)

景気が伸び悩む中、企業における物流は固定費削減の切り札として着目されています。
物流コストは下げたい、でもサービスレベルは向上したい、そうした悩みへの解決策として物流戦略の設定とKPIを活用した現場マネジメントの実現について、2回にわたって解説します。

1.企業における物流改革の必要性と動向

(1)企業における物流コスト状況

企業の売上高に対する物流コストの比率は約6%といわれています。(JILS調査)
年商100億の企業であればおよそ6億円の物流コストがかかっていることになります。
その内訳は輸配送関連コストがその6割、保管関連コストが3割、残りの1割が情報システムやその他のコストになります。この6%の物流コストを例えば3割削減できるとしたら、1.8億の利益を上乗せできることになるわけです。

(2)サプライチェーンにおける物流の役割

【図1:サプライチェーンにおける物流の役割】

上図のように、「物流」は様々な領域で発生しています。製品物流だけではなく、原材料の調達においても工場内の移動においても「物流」業務は発生しています。保守が必要な製品においては保守パーツの物流も必要です。
近年の特徴としては、ネットビジネスの進展などに伴い「直送化」が進んでいることが挙げられます。従来はまとめて納入すればよかった物流が、細分化し煩雑化していることが物流現場の課題となっています。さらに製造ロットや日付の管理、納入履歴の把握(トレーサビリティ)という管理業務の追加も現場作業の負荷を高めています。

(3)物流改革の動向

こうした中で最近の物流改革の動向はどうなっているのでしょうか?
昨年末以降の物流関係のニュースを整理してみると、2つのキーワードが見えてきます。
ひとつは「物流再編成」であり、もうひとつは「統廃合」です。売上高が伸び悩んだり低下する中で、物流コストの削減をテーマにまず組織を再編成し、ムダを削減して統廃合を進めようといった取り組みが多く見られます。
「統廃合」は在庫低減などのコスト削減効果が高いため、大手企業を中心に自社の物流ネットワークを再編成したり、全国の物流拠点を統廃合する動きが見られます。

物流関連の記事

関連システム

NECのEXPLANNERシリーズ

お問い合わせ

本コラムに関するご質問・ご相談などは、下記よりお気軽にお問い合わせください。

会員限定コンテンツWisdomPLUS 「EXPLANNERメンバーズ」ビジネスに役立つ情報を続々公開中!

【プログラム】
物流改革に向けた物流KPIマネジメントの重要性
第1回
物流戦略と
KPIマネジメント

1.企業における物流改革の必要性と動向
2.物流戦略の設定と物流改革の階層
3.物流KPIの設定とマネジメント
第2回
物流KPI
マネジメントの実践