Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

物流改革に向けた物流KPIマネジメントの重要性 【第2回】

講師:柴田 道男

第2回 物流KPIマネジメントの実践(2009年8月25日公開)
講師:柴田 道男  プロフィール
(NEC 流通・サービス業 ソリューション事業本部 ソリューション推進部 マネージャー)

第1回(前回)の本コーナーでは、物流KPIマネジメントの重要性と管理項目の設定についてご紹介しました。
第2回は、その具体的な実践方法についてご説明します。

1.コスト構造の把握と課題の抽出

(1)自社の物流コスト構造の把握

物流KPIマネジメントの項目に沿って、日次あるいは月次のマネジメントをスタートさせたとします。
その場合に「結果」として出てくる物流コストは正確に把握できているでしょうか?この「結果」の金額はほとんどの企業で把握されていると思います。物流コストはおおよそ、輸配送費、保管費で全体の9割を占め、残りの1割が情報システムなどの費用です。輸配送費、保管費には作業に関わる人件費が多く含まれます。
問題は、この人件費の項目をいかに細かく把握できるかどうかです。

現場の作業を項目別に分類し、それぞれの原価を積算していく「物流ABC(活動原価計算)」に取り組むことで、より精細なコスト把握をしていくことが出来ます。本稿では「物流ABC」の解説は省略しますが、この考え方を用いて作業別に効率性を追求し、無駄な作業自体を削減することでコスト削減に取り組んでいく必要があります。

したがって、こうした削減活動の事前準備として全体としての物流コストを明細に分類し、影響度が大きくて管理可能な費目は何か、ということを整理する必要があります。

【図1:物流コスト構造】

物流コスト構造

(2)課題の抽出

「ピッキング生産性の向上」というテーマに対し、単にピッキング作業だけではなく、物流業務フロー全体で解決できる方法は無いか探る必要があります。下記図2の例のように、自社の物流のフローが標準的で各プロセス単位の生産性も高いかどうか見てみましょう。図2の例では「ラベルはがし」という項目が標準フローにはないのに、自社のフローにはあるのが気になります。

物流現場にお伺いすると、この「ラベルはがし」は不可欠なものでどうしようもない、ずっと前からやっている、という主張に出会います。この例では自社工場からの入荷品にもかかわらず、ラベルが貼られていて しかも自社の物流センターでラベルはがしを行っていました。ずっと以前に物流センターで仕分けする際に必要だということで工場での出荷時に貼り付けをはじめたものが今日まで続けられていたわけです。
工場と物流の連携が出来ていないためにこうしたムダが生じていました。作業プロセスが複雑になり、会社の取引が複雑になるとこうしたムダが増えてくることがあります。

まずは標準フローとの比較を行って、特殊な作業がなぜ必要なのか?を常に問い直しながら改善に取り組む必要があります。

【図2:物流課題の抽出】

物流課題の抽出

物流関連の記事

関連システム

NECのEXPLANNERシリーズ

お問い合わせ

本コラムに関するご質問・ご相談などは、下記よりお気軽にお問い合わせください。

会員限定コンテンツWisdomPLUS 「EXPLANNERメンバーズ」ビジネスに役立つ情報を続々公開中!

【プログラム】
物流改革に向けた物流KPIマネジメントの重要性

第1回
物流戦略と
KPIマネジメント

第2回
物流KPI
マネジメントの実践

1.コスト構造の把握と課題の抽出
2.マネジメントの実践
3.物流KPIマネジメントサイクルの完成