Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

物流改革に向けた物流KPIマネジメントの重要性 【第2回】

講師:柴田 道男

第2回 物流KPIマネジメントの実践(2009年8月25日公開)
講師:柴田 道男  プロフィール
(NEC 流通・サービス業 ソリューション事業本部 ソリューション推進部 マネージャー)

3.物流KPIマネジメントサイクルの完成

(1)継続的なマネジメント

現場からトップ層までが同じ戦略マップのマネジメントツリーでKPI管理できるようになればマネジメントの成果が出てきます。現場の頑張りが経営指標にも反映される手ごたえが実感できるようになります。厳選されたKPI項目を当てはめて、自社独自のマネジメントツリーを完成させましょう。
それぞれのKPIの達成が結果として業績に反映できるようになれば関係者の誰にもわかりやすい仕組みを作れます。もちろん取引関係や商品などの変化によって柔軟に項目を見直すことも大切です。

また、このマネジメントツリーを継続していくには簡単に評価が出来る仕組みが必要です。つまり各種の実績データをマネジメントしやすい形式で出力できる仕組みを整える必要があります。KPI項目の実績を採取するためのITシステムも必要となることがあります。日常的に実績が採取でき、次の打ち手への判断材料が提供できる環境を整えることで継続的なマネジメントを実現できます。

【図4:階層別のマネジメント】

階層別のマネジメント

(2)マネジメントサイクルの完成

上記図4のように各階層で設定されたKPI項目が継続的にマネジメントできるように体系化され、実績データがタイムリーに把握できるようになればマネジメントサイクルが完成します。

物流はいつも動いています。物流を取り巻く環境も常に変化しています。柔軟にKPI項目を変化させながら、最適なマネジメントツリーを維持していくことがこのKPIマネジメントにおけるもっとも重要なポイントです。この体系が完成すれば物流で他社を圧倒する、競合差別化を実現できると思います。

物流関連の記事

関連システム

NECのEXPLANNERシリーズ

お問い合わせ

本コラムに関するご質問・ご相談などは、下記よりお気軽にお問い合わせください。

会員限定コンテンツWisdomPLUS 「EXPLANNERメンバーズ」ビジネスに役立つ情報を続々公開中!

【プログラム】
物流改革に向けた物流KPIマネジメントの重要性

第1回
物流戦略と
KPIマネジメント

第2回
物流KPI
マネジメントの実践

1.コスト構造の把握と課題の抽出
2.マネジメントの実践
3.物流KPIマネジメントサイクルの完成