Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

人事部門の変革第二章 サービス部門としての人事(前編)

(2)これからの人事のなすべきこと

1. 時間の捻出

「時間がない」という問題については、当然ではあるが「時間を作る」という対応が必要となる。人事部門でまずできることは、人事管理にかかっている事務処理作業を効率化することである。
具体的には、現場に業務の一部が委ねられている人事評価・能力開発・スキル管理等のプロセスを効率化していくだけで、現場の負担感は大きく改善される。
効率化についてはいろいろなアプローチがあるが、下図は「効率化の8つの視点」をご参考までに示した。
 
<図2-5>

図2-5
図2-5

<図2-6>

図2-6