ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. ACOSシリーズ
  5. ACOS-4
  6. ACOS-4のバックアップソリューション
  7. 主なバックアップ方法
  8. 仮想テープ装置
ここから本文です。

仮想テープ装置

CGMT同様の運用が可能

仮想テープ装置は、従来のCGMT装置をディスク上に仮想化し、エミュレートする装置です。
エミュレーションのタイプは、ライブラリ型とオートチェンジャ型の2種類があります。

仮想テープ装置にバックアップするイメージ

仮想テープ装置の特長

  • CGMTを利用するバックアップJCLやアプリケーションなどの既存資産がそのまま利用でき、CGMT同様の運用が可能
  • データを装置内のディスクに格納するため、高速なアクセスを実現
  • LTO接続機構(オプション)の搭載により、管理PCでのGUI操作で、仮想テープ媒体からLTOへの入出力が可能

CGMT同様、暗号化サービスプログラムにて暗号化したバックアップデータのセーブも可能ですので、LTOへ出力して遠隔地へ保管する場合も安心です。

導入・移行支援

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ戻る