ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. ACOSシリーズ
  5. ACOS-4
  6. ACOS-4のバックアップソリューション
  7. 主なバックアップ方法
  8. オープン媒体方式
ここから本文です。

オープン媒体方式

オープン系の安価な媒体を利用可能

オープン媒体方式は、 ACOS-4のデータをオープンサーバ上のディスクなど、安価な媒体へバックアップする方式です。
ACOS-4の業務データは、可変長ファイルであることが多いため、直接、オープンサーバへファイル転送することはできません。
そこで、「ILIBMTNなどのセーブツール」を利用して、業務データを順編成ファイルに出力後、 「データ形式変換ツール」でファイル転送が可能な固定長のデータ形式に変換することで、オープンサーバへのファイル転送が可能となります。

オープン系の安価な媒体にバックアップするイメージ

データ形式変換ツールを使ったオープン媒体方式の特長

  • 小規模なデータのバックアップ先として、オープンサーバの安価なディスクが利用可能
  • ACOSデータのセーブから、オープンサーバへのファイル転送・ディスク格納までは、 ACOS-4の標準機能の組み合わせで実現可能
  • オープンサーバのディスクへ格納したデータは、オープンサーバ上でDVDやCDなどの可搬媒体へコピーすることもでき、外部保管やデータ交換の用途でも利用可能
    (可搬媒体へコピーする際は、オープンサーバ上のInfoCage(ファイル暗号化機能)などで暗号化可能)

注意事項

大規模なデータの変換や転送は、システムやネットワークの高負荷を招き、性能障害を誘発する可能性があります。小規模なデータの場合にご利用ください。

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ戻る