ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. 製品
  2. サーバ・ストレージ
  3. ACOSシリーズ
  4. ACOS-4
  5. プログラムプロダクツ
  6. ACOS-4 Workload Manager
  7. 利用シーン
ここから本文です。

利用シーン

新規業務追加時のACOS-4 Workload Manager活用例

新規業務へのCPUの割り当てを制限して、基幹業務に影響なく業務を追加

    <<要件>>
  • 新規業務として、バックアップデータの暗号化を行いたい。
  • 新規業務は日中に行いたい。(夜間作業へのオペレータ人件費は追加できない)
  • 新規業務のためのCPU増設はできない。

ACOS-4 Workload Managerで、新規のバックアップデータ暗号化業務に対し、CPUリソース配分を上限15%に設定して運用

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ戻る