ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. 製品
  2. サーバ・ストレージ
  3. ACOSシリーズ
  4. ACOS-4
  5. プログラムプロダクツ
  6. UniversalBackup
  7. 特長・機能
  8. 機能
ここから本文です。

機能

UniversalBackupが提供する主な機能をご紹介します。

ボリューム単位のバックアップ


ボリューム単位にACOSディスクの物理バックアップを行います。

ファイル単位のバックアップ

ACOS-4ディスク上のファイルを、 ディスク装置上のワークファイル(標準順編成ファイル)を介して、 ファイル単位にバックアップを行います(ACOS4/i-PX R4.1以降)。

LTOライブラリへのジャーナルコンバート


ACOS-4のジャーナルシステムと連携し、 iStorage Tシリーズのテープライブラリへのジャーナルのコンバート運用が可能です (ACOS4/i-PX R4.1以降)。

バックアップデータの暗号化


バックアップデータの暗号/復号が可能です。
UniversalBackupでは、直接ボリュームバックアップ/リストア、ファイルバックアップ/リストア、および、ジャーナルバックアップ/リストアの全てのバックアップ形態について、暗号化をサポートしています。

ACOS業務と連動したバックアップ


バックアップの指示はACOSのバッチジョブにより行いますので、 ACOS業務終了と連動したバックアップ実行など、 従来のバックアップジョブ同様、システム自動運転機能(TOM)で制御できます。

ACOSとオープンサーバとのデータを一元的にバックアップ


オープンサーバのデータのバックアップについては、 本製品がライセンス包含しているVeritas社の NetBackupTMの機能がご利用になれます(注1)。

ACOSのデータとオープンサーバのデータのバックアップ状況が一元管理されますので、 NetBackupTMのGUIにより、バックアップ状況をまとめて表示することができます。

詳細は、NetBackupTMホームページを参照願います。

バックアップの世代管理


日次バックアップなどの定期的なバックアップにおいて、 JCLを変更することなくバックアップの世代管理が可能です。

バックアップデータの外部保管


バックアップデータの外部保管を支援するNetBackupTMのVault機能(注2)により、 バックアップデータの外部保管作業、保存期限が切れた媒体の戻し作業をスケジュール化し、運用を簡素化できます。
また、外部保管する媒体の一覧や保管場所から返送すべき媒体の一覧を レポートとして出力することができます。
レポートはメール配信を行うこともできます。

  • 注1オープンサーバのデータをバックアップする場合は、当該サーバに対するNetBackupTMのクライアントライセンスの購入が別途必要です。
  • 注2Vault機能を利用する場合は、NetBackupTMのオプショナル機能「NetBackup Vault Option」の購入が別途必要です。

は、各機能に対応しているバックアップサーバのプラットフォームを表しています。

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ戻る