ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. 製品
  2. サーバ・ストレージ
  3. ACOSシリーズ
  4. ACOS-4
  5. プログラムプロダクツ
  6. SMFTool/PerforMate
  7. 特長・機能
  8. データ抽出機能
ここから本文です。

データ抽出機能

SMFデータコンバータは、膨大なSMFデータから、特定の情報だけを選択し変換出力することが可能です。
ユーザ名・アカウント名・ジョブ名・媒体名・しきい値(装置使用率・入出力回数・平均キュー長)などの条件をコマンド言語で指定して、データの抽出を行うことができます。
この機能によってデータの取捨選択やしきい値指定を行うことができ、SMFデータの効率的な分析や保存が可能となります。 

▼データ抽出条件指定時のジョブ制御言語記述例
(装置識別名がMS01、使用率が30%以上、日時が2010年10月25日の8時30分から17時30分までの全ての条件を満たすレコードのみを抽出する。)

¥SMFCNV INFILE=(SMF.DATA SHARE=READ)
        OUTLIB=(SMF.CSVLIB SHARE=DIR)
        FORMAT=CSV
        COMFILE=SMC1;
¥INPUT SMC1, LIST=YES;
//EDIT SFNAME=CSV111 RECID=111 PMD=OUTPUT -
       PART=(10-10-25/08:30:00,10-10-25/17:30:00) -
       DEVID=MS01 BUSY=30
¥ENDINPUT;

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ戻る