ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. 製品
  2. サーバ・ストレージ
  3. ACOSシリーズ
  4. ACOS-4
  5. プログラムプロダクツ
  6. SMFTool/PerforMate
  7. 特長・機能
  8. 形式変換機能
ここから本文です。

形式変換機能

SMFデータコンバータは、バイナリ形式のSMFデータを入力し、テキスト形式への変換を行います。
テキスト形式に変換されたデータは、端末(PC等)上の各種ツールで容易に再利用が可能であり、SMFデータのグラフ化、フィルタリング、ソートなどを容易に行うことができます。
出力するテキスト形式は、利用目的に応じてCSV形式固定長テキスト形式の2種類が選択可能です。
テキスト形式の指定は、ジョブ制御言語により行います。

▼形式変換指定時のジョブ制御言語記述例

¥SMFCNV INFILE=(SMF.DATA SHARE=READ)
        OUTLIB=(SMF.CSVLIB SHARE=DIR)
        FORMAT=CSV
        COMFILE=SMC1;
¥INPUT SMC1, LIST=YES;
//EDIT SFNAME=CSV013 RECID=013 PMD=OUTPUT
¥ENDINPUT;

CSV形式

ジョブ制御言語で、"FORMAT=CSV"と指定する事により変換できます。
CSV形式は各出力項目をカンマで区切った形式であり、各行の表示カラムをそろえるための空白の出力は行いません。
CSV形式のファイルが使用可能なツールを使用する場合に有効な出力形式です。

▼CSV形式変換後のデータ例

NO(110.010),DATE,TIME,INTERVAL,CP,USETIME,BUSY
1,YYYY-MM-DD,HH:MM:SS,60000,2,85000,70,8
2,YYYY-MM-DD,HH:MM:SS,60000,2,87000,72,5
3,YYYY-MM-DD,HH:MM:SS,60000,2,36000,30,0
4,YYYY-MM-DD,HH:MM:SS,60000,2,9700,8,0
5,YYYY-MM-DD,HH:MM:SS,60000,2,12500,10,4
~

固定長テキスト

ジョブ制御言語で"FORMAT=TXT"と指定する事により変換できます。
固定長テキスト形式は各出力項目をスペースで区切り、各行の表示カラムをそろえるための空白を出力します。
内容を目で確認する場合や、スペースによって揃えられた固定長フィールドのデータを使用可能なツールを使用する場合に有効な出力形式です。

▼固定長テキスト形式変換後のデータ例

NO(110.010) DATE       TIME      INTERVAL  CP  USETIME  BUSY
          1 YYYY-MM-DD HH:MM:SS      60000  2      85000  70.8
          2 YYYY-MM-DD HH:MM:SS      60000  2      87000  72.5
          3 YYYY-MM-DD HH:MM:SS      60000  2      36000  30.0
          4 YYYY-MM-DD HH:MM:SS      60000  2       9700   8.0
          5 YYYY-MM-DD HH:MM:SS      60000  2      12500  10.4
     ~

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ戻る