ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. 製品
  2. サーバ・ストレージ
  3. ACOSシリーズ
  4. ACOS-4
  5. プログラムプロダクツ
  6. ディザスタリカバリ
  7. 動作環境
ここから本文です。

動作環境

ハードウェア 対象機種 ACOSシリーズ
・i-PX9800
・i-PX9000
ディスクアレイ装置 ・iStorage A5000(N3781)
・iStorage A4900(N3780)*1
レプリケーション管理サーバ*2 ・NX7700iシリーズ
・Express5800シリーズ
ソフトウェア 対象OS*3 ・ACOS-4/XA R1.1以降
・ACOS-4/MX R1.1以降
・ACOS-4/VX R1.1以降
必須ソフトウェア [ACOS-4上のソフトウェア]
・ReplicationControl
・ReplicationControl/DisasterRecovery
・JOBCO
(ReplicationControl/DisasterRecoveryに含まれる)

[iStorage Aシリーズ上のソフトウェア]
・iStorage DynamicDataReplication*4
・iStorage RemoteDataReplication
・iStorage RemoteDataReplication/DisasterRecovery
・iStorage基本制御
・iStorage RemoteDataReplication/DisasterRecovery自動再同期オプション*5
関連ソフトウェア [ACOS-4上のソフトウェア]
・DynamicSeparator*6
・UniversalBackup

[iStorage Aシリーズ上のソフトウェア]
・iStorage AccessControl*7
  • *1RDR自動再同期機能は使用できません。
  • *2UniversalBackupを使用する場合は、バックアップサーバをレプリケーション管理サーバとして使用できます。
  • *3ACOS-4/XA R3.1以前(R1.1~R3.1)、ACOS-4/MX、および、ACOS-4/VXのOSでは、RDR自動再同期機能は標準修正にてリリースされます。
  • *4同一ディスクアレイ装置内で複製ボリュームを作成する場合に必要です。
  • *5RDR自動再同期機能を使用する場合に必要です。
  • *6オンライン(VIS II)無停止で複製ボリュームの作成を行う場合に必要です。
  • *7UniversalBackup、DISKSHARE & refam/VXを使用する場合に必要です。

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ戻る