ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. ACOSシリーズ
  5. ACOS-4
  6. プログラムプロダクツ
  7. PC-OPENWRITER
  8. 動作環境
  9. 注意事項
ここから本文です。

注意事項

環境設定パラメータ(文字セットとフォント)の指定による、印刷結果の違い

PC-OPENWRITERの環境設定で設定した文字セットとフォントの組み合わせにより、印字できる文字と字形が異なります。以下の印刷結果例を参考にして環境設定で設定する文字セットとフォントを決定してください。

帳楽Exインストール時の、行桁印字「既定値設定機能」の選択必須

PC-OPENWRITERの書式を、帳楽Exで作成/更新するためには、行桁印字「既定値設定機能」が必須です。帳楽Exのインストール時にカスタムインストールで、行桁印字の「既定値設定機能」を必ず選択してください。なお、帳楽Exのメニューバーに「拡張(X)」が表示されていない場合は、行桁印字の「既定値設定機能」がインストールされていませんので、帳楽Exを再インストールし、PC-OPENWRITERの書式を再作成してください。

再印刷時に指定するページ範囲

印刷中にプリンタ障害が発生しても、PC-OPENWRITERの「再印刷画面」が表示されている場合には、再印刷が可能です。ただし、Windowsのプリンタ ウィンドウに表示されているページ数と、実際にプリンタから出力されている印刷物のページ数が異なる場合がありますので、実際の印刷物のページ数を確認の上、再印刷の開始ページを指定してください。なお、Windowsのプリンタ ウィンドウに表示されているページ数を基に再印刷の開始ページを指定する場合には、余裕を持った値を指定し、印刷後はページの抜けや重複がないことを確認してください。

FORMEXの編集定義による印刷を行う場合は、マッピング作業が必要

FORMEXの編集定義による印刷を行う場合、帳楽EXで作成した書式の編集項目と印刷データ中の文字列をマッピングする作業は必ず行ってください。マッピングを行っていない場合、印刷結果は保証できません。なお、マッピングは、PC-OPENWRITERに標準添付のツールを使用してください。

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ戻る