ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. ACOSシリーズ
  5. ACOS-4
  6. プログラムプロダクツ
  7. OpenDataAccess/Server
  8. 特長・機能
ここから本文です。

特長・機能

OpenDataAccess/Serverは、以下のような特長があります。

ACOS-4のCOBOLプログラムから、オープンサーバ上の各種リソース(データベース、EJB、Webサービス等)をアクセスすることができます

  • OpenDataAccess/Serverで動作するアクセス部品を、ACOS-4上のCOBOLプログラムから呼び出すことができます。
  • アクセス部品は利用者が自由に作成でき、任意のリソースにアクセスすることができます。

OracleやSQL Serverへのアクセスは、オープンサーバ上でのプログラミングが不要です。

  • OracleやSQL Serverに対する標準的な参照/更新については、オープンサーバ上でのアクセス部品(Javaプログラム)の作成が不要です。アクセス部品を利用者が作成することも可能です。
  • ACOS-4上のCOBOLプログラムから、DataAccess/Connector*1のSQLアダプタインターフェースを使用することで、OracleやSQL Serverに対するSQLでのアクセスが可能です。
  • *1:DataAccess/Connectorはシステムプロダクトに含まれています。

オープンDBをアクセスするためのCOBOLプログラムを簡単に作成可能です。

  • オープンDBへのアクセスは、COBOL85のCALL命令によるアクセス部品呼出で完了します。
  • オープンDBのコミット/ロールバックの制御は、VISとDataAccess/Connectorが連携して行うため、TPPでは意識する必要がありません。

COBOLプログラムではデータ形式を意識する必要がありません。

  • OracleやSQL Serverに格納されているデータの文字コード変換(JIPS, EBCDIC/Unicode変換)や10進数変換(COBOL外部10進、内部10進)をアクセス部品で実行します。またバイナリ10進(COMP-1, COMP-2, BINARY)も変換します。

大量のデータはオープンサーバからACOS-4へ一括転送します。

  • 複数件のレコードをまとめて一括転送することができますので、毎回転送する場合と比べて、通信のオーバヘッドが削減できます。
  • 利用者が作成したアクセス部品からも一括転送が利用できます。

分散トランザクションを実現する 2 フェーズコミットが可能です。

  • 分散トランザクションにおけるDB間の原子性を保証するために、X/Openが定義したXAインターフェースを使用してDBMSへの2フェーズコミットを行うことが可能です。

オープンDBのデッドロックを監視できます。

  • ACOS-4の統合ロック機能(IRLOCK機能)を使用して、ACOS DB、オープンDBのデッドロック監視が可能です。排他する資源とリソースIDの対応は、利用者が自由に設定することができます。

業務ごとにOpenDataAccess/Serverの配置が可能です。

  • 1台のサーバで、複数のOpenDataAccess/Serverを実行することができ、業務ごとに個別の運用(開始・停止・アクセス部品の置換)が可能となります。
  • OpenDataAccess/Serverを分けることで障害の局所化を図ることができます。

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ戻る