ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. ACOSシリーズ
  5. ACOS-4
  6. プログラムプロダクツ
  7. OLF/DL-OW
  8. FAQ
  9. 導入時のFAQ
ここから本文です。

導入時のFAQ

提案

Q1磁気テープファイル(MT)に格納した私有SYSOUT、または強制出力デリバリをOLF/DL-OWからデリバリ配信することは可能ですか?
A1可能です(※)。
磁気テープファイルに格納した私有SYSOUTは、$OUTPUT文に磁気テープファイルを指定することでデリバリ配信可能です。強制出力デリバリは、OLF/DL-OWの「OLW EE」コマンドを利用することでデリバリ配信可能です。
詳細は、ACOS-4マニュアル「OLF/DL利用の手引」を参照ください。

※OSのバージョンによっては、対応していない場合があります。対応OSバージョンについては、「OLF/DL-OW 機能対応OSバージョン表」を参照してください。

Q2システムライタを利用した印刷(ACOS-4に直結されたページプリンタの印刷)をPrintPort for ACOS-4に移行する予定です。システムライタとPrintPort for ACOS-4の互換性留意事項は何がありますか?
A2PrintPort for ACOS-4の紹介 注意事項 1.PrintPortの制約事項、注意事項について」を参照してください。
Q3OLF/DL-OWからACOS-4に直結されたページプリンタにデリバリを印刷することは可能ですか?
A3できません。
Q4シリアルプリンタ等で印刷していた帳票をOLF/DL-OWからリモートプリンタソフトに配信することは可能ですか?
A4移行作業が必要です。OLF/DL-OWは、ACOS標準印刷データ(詳細は、ACOS-4マニュアル「ページプリンタ利用の手引」を参照)を対象としています。このため、シリアルプリンタ等の端末用言語、および端末用書式は利用できません。書式を$FORMEX、$URMTNで作成する、印刷データをACOS標準にするなどの作業が必要になります。
Q5OLF/DL-OWからネットワークプリンタに印刷する際の、対象のソフトやプリンタを教えてください。
A5リモートプリンタソフト(PrintPort for ACOS-4、PC-OPENWRITER)を利用すれば可能です。ただし、リモートプリンタソフトによって利用可能なネットワークプリンタに制限があります。

Q62Gbyteより大きいサイズのデリバリをPrintPort for ACOS-4で印刷できますか?
A6OLF/DL-OWの即時配信機能(※)と、PrintPort for ACOS-4 Ver.9.0 MR1以降を利用することで印刷可能となります。

※OSのバージョンによっては、対応していない場合があります。対応OSバージョンについては、「OLF/DL-OW 機能対応OSバージョン表」を参照してください。

設計

Q1通信ポート番号を既定値(515)から変更するにはどうすればよいですか?
A1ACOS-4のSERVICESファイルのPRINTER指定、または OLF/DL-OWの動作環境定義ファイル(CONFIG)の「DSPORT/SVPORT」両方を指定してください。

  • [ACOS-4のSERVICESファイルのPRINTER指定]
    SYS.SOCKETライブラリ中のSERVICESファイルに以下を指定してください。
       PRINTER   xxx/TCP   SPOOL 
         xxx:変更する通信ポート番号を記述する 
    
  • [動作環境定義ファイル(CONFIG)のDSPORT/SVPORT指定]
    OLF/DL-OWの動作環境定義ファイル(CONFIG)に以下のパラメータを指定してください。
      DSPORT=xxx 
      SVPORT=xxx 
         xxx:変更する通信ポート番号を記述する 
    

設定後、OLF/DL-OWを再起動してください。
なお、下記両方の指定を行った場合、2の指定内容が有効となります。
  1. [ACOS-4のSERVICESファイルのPRINTER指定]
  2. [動作環境定義ファイル(CONFIG)のDSPORT/SVPORT指定]
対応OSについては、「OLF/DL-OW 機能対応OSバージョン表 動作環境定義ファイルのパラメータ(CONFIG DSPORT/SVPORT)」を参照してください。
Q2ファイアウォール(ルータ等)を導入しています。ポート転送設定を行う必要がありますか?
A2ポート転送設定を行う必要があります。OLF/DL-OWが利用する通信ポート番号(既定値:515)が双方向で通信可能なよう設定してください。
Q3OLF/DL-OWのスプールファイルのサイズは、どのように算出すれば良いですか?
A3以下の計算式を利用して算出してください。

[計算式]
  1. アロケートサイズ=
    配信する1デリバリの平均レコード数×2×514(レコード長)×最大同時配信ライタ数(※)
  2. LAU数=
    アロケートサイズ÷1048576
※動作環境定義ファイル(CONFIG)の「MAXACTWTR」パラメータに指定した値

上記で算出したLAU数を「$PREALLOC UNIT=LAU SIZE=LAU数」と指定しスプールファイルを作成してください。
なお、詳細についてはACOS-4マニュアル「OLF/DL利用の手引」を参照してください。
Q4PrintPort for ACOS-4に移行した場合、システムライタを使用できますか?
A4以下の設定を行うことで、ACOS-4上のアプリケーションを変更することなくシステムライタを使用してデリバリをPrintPort for ACOS-4に配信することができます。
  • [動作環境定義ファイル(NETADDR)のパラメータ設定]
    出力クラス:システムライタが出力対象としていたクラスを指定
    WRQ    :"SYS"を指定

    ※動作環境定義ファイルに設定した内容を反映するには、OLF/DL-OWの再起動が必要です。
    また、ご利用のOSのOLF/DL-OWが「センタライタデリバリ印刷機能」と「FMMODE」パラメータに対応している必要があります。対応OSについては、「OLF/DL-OW 機能対応OSバージョン表」を参照してください。

Q51台のACOS-4から複数のプリントサーバ(PrintPort for ACOS-4/PC-OPENWRITER/Printview for ACOS-4)にデリバリを配信する場合、どのように設定すればよいですか?
A5以下の設定を行ってください。

  • [ACOS-4のSYS.SOCKETファイル内のHOSTSの設定]
    全てのプリントサーバのIPアドレスを定義する
  • [動作環境定義ファイル(NETADDR)の設定]
    全てのプリントサーバを定義する
  • [動作環境定義ファイル(CONFIG)の設定]
    複数のプリントサーバに同時にデリバリ配信を行う場合、「MAXACTWTR」パラメータ(同時に配信する最大デリバリ数)を設定する

※動作環境定義ファイルに設定した内容を反映するには、OLF/DL-OWの再起動が必要です。

Q6OLF/DL-OWを導入する予定です。導入前に、システムパラメータ「$SYSPARM $USERWRITER UWTR=(OLW,・・・)」を設定しても問題ないですか?
A6 問題ありません。
Q71つのリモートプリンタソフトに同時に6個以上デリバリを配信できますか?
A7下記バージョン以降のリモートプリンタソフトを利用することで、同時に6個以上デリバリを配信できます。

[リモートプリンタソフト]
  • PrintPort for ACOS-4 Ver.9.0 MR1
  • PC-OPENWRITER Ver8.1

【構築】

Q1デリバリを作成してもリモートプリンタソフトに配信されません(OLW_10 or OLW150メッセージが表示されません)
A1導入時のチェックリスト」を参照し、設定を見直してください。
Q2OLF/DL-OWのスプールファイルがオーバーロード(OLW_05メッセージを出力)しました。オーバーロードしないようにするには、どうすればよいですか?
A2スプールファイルのサイズが不足しているため、オーバーロードが発生しています。OLF/DL-OWの運用状況を確認し、OLF/DL-OWのスプールファイルサイズを見直してください。
Q3OLF/DL-OW起動直後にデリバリが自動配信されます。OLF/DL-OW起動直後にデリバリを配信させないことは可能ですか?
A3可能です(※)。
動作環境定義ファイル(NETADDR)に「INITSTATUS=INACT」を指定することで、OLF/DL-OW起動時のプリンタ状態が"OW状態(スケジュール停止)"となり、デリバリを配信しません。

※OSのバージョンによっては、対応していない場合があります。
対応OSバージョンについては、「OLF/DL-OW 機能対応OSバージョン表 動作環境定義ファイルのパラメータ(NETADDR INITSTATUS)」を参照してください。

Q4$JOR/$OUTPUT文の「OUTMED」、「FORMGROUP」パラメータを指定しても有効となりません。「OUTMED」、「FORMGROUP」パラメータを利用するにはどうすればよいですか?
A4動作環境定義ファイル(NETADDR)に「FMMODE=NIPMODE」(※)を指定することで$JOR/$OUTPUT文の「OUTMED」、「FORMGROUP」パラメータが利用可能となります。

※動作環境定義ファイルに指定した内容を反映するには、OLF/DL-OWの再起動が必要です。
また、OSのバージョンによっては、対応していない場合があります。対応OSバージョンについては、「OLF/DL-OW 機能対応OSバージョン表」を参照してください。

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ戻る