ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. 製品
  2. サーバ・ストレージ
  3. ACOSシリーズ
  4. ACOS-4
  5. プログラムプロダクツ
  6. EncryptionDataService
  7. 特長・機能
  8. 機能
ここから本文です。

機能

暗号化サービス機能は下記の機能を提供します。

暗号機能

  • テープに格納されたデータファイル(平文データ)を暗号化し、別のテープに暗号データファイルを出力します。
  • 暗号鍵は、鍵生成機能により作成した暗号鍵、あるいは、利用者が作成した暗号鍵を指定することができます。
  • 長さの違う暗号鍵を指定する事で、暗号強度を変更することができます。
  • 暗号するデータファイルの圧縮/非圧縮を指定することができます。

復号機能

    • テープに格納された暗号データファイルを復号し、別のテープに元のデータファイル(平文データ)を出力します。
  • 復号処理では、圧縮の有無などを指定する必要なく、自動で判別して復号/伸張を行います。
  • 復号処理では、暗号処理時と同じ「暗号鍵」を指定しないと、暗号データファイルを復号できません。

鍵生成機能

  • 暗号/復号処理で使用する「暗号鍵」を自動生成して、指定したファイルに格納します。
  • 生成可能な「暗号鍵」の長さ(鍵長)は、128、192、256bitの3種類です。

AMSサービスプログラム連携機能

  • AMSのSAVEコマンドで、ディスク上のファイルを暗号化しながら、テープやディスクにセーブすることができます。
    • AMSで暗号化されたデータを復号する場合は、AMSのRESTもしくはVOLRESTにて復元できます。

暗号化システムマクロによる暗号・復号機能

    • 暗号化システムマクロによる暗号化機能をサポートしています。利用者プログラムにより、ファイル単位のみならず、レコード単位の暗号化/復号処理や、特定項目の暗号化/復号処理が可能です。
    • 暗号化システムマクロはオープンサーバ(使用製品はSecureWare/開発キット)で復号可能な暗号データを生成します。そのため、ACOSとオープンサーバ間の双方向での暗号/復号処理が可能です。

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ戻る