ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. 製品
  2. サーバ・ストレージ
  3. ACOSシリーズ
  4. ACOS-4
  5. プログラムプロダクツ
  6. EncryptionDataService
  7. FAQ
ここから本文です。

FAQ

Q1AES方式で暗号化したデータはACOS-4以外とも互換性がありますか?
A1ACOS-4の暗号化サービス機能($ENCDS)で暗号化したテープや、AMSサービスプログラム($AMS)連携により暗号化、バックアップされたテープ、ディスクは、ACOS-4以外とは互換性がありません。ACOS-4以外では復号できません。

暗号化システムマクロで暗号化したファイル(レコード)は、オープンサーバと互換性があります。ACOSとオープンサーバ間の双方向での暗号/復号処理が可能です。
Q2なぜ、ACOS-4以外では復号ができないのですか?
A2ACOS-4の暗号化サービス機能($ENCDS)やAMSサービスプログラム($AMS)連携により暗号化したデータを復号する際、データのみではなく、ファイル属性なども含めて元に戻す必要があります。ACOS-4のファイル属性を意識した処理が必要であるため、ACOS-4以外との互換性はありません。
Q3暗号鍵の長さを変更した場合、性能に影響はありますか?
A3鍵長の変更は下記のように性能に影響します。
 鍵長  CPU使用率  処理時間(ELAPS)
 長い  高くなる  延びる
 短い  低くなる  縮まる

Q4暗号化サービスプログラムが使用するCPUについて、ACOS-4 Workload Managerを利用することにより制御が可能なのでしょうか?
A4ACOS-4 Workload Managerを一緒に導入することで、$ENCDSが単位時間に使用するCPU量は制限することができますので、他の業務を並行して行うことができます。
ただし、単位時間に使用するCPU量を制限する分、ELAPSが延びることになります。

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ戻る