ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. 製品
  2. サーバ・ストレージ
  3. ACOSシリーズ
  4. ACOS-4
  5. プログラムプロダクツ
  6. ACOSMONSTAR
  7. 特長・機能
ここから本文です。

特長・機能

ACOSMONSTARは、以下のような特長があります。
また、主な機能は、こちらをご覧ください。

任意のインターバルでシステムの稼働状況を監視します。

監視インターバルは秒単位で設定できます。

ユーザの環境に最適な、木目細やかな監視が可能です。

監視対象とするリソースは、ACOSMONSTARの動作環境定義で選択可能です。
例えば、ジョブクラス単位に監視条件を変更することもできます。
監視条件の変更は、動作環境定義の変更とACOSMONSTAR制御ジョブの停止、再起動のみで実施可能であり、本番業務稼動中に行うこともできます(ACOSMONSTAR制御ジョブ停止中は、システム監視は行われません)。

迅速なレスキュー活動が可能です。

検出した問題点はコンソールメッセージとして通知されます。
システムのオーバロード制御などが動作する前に通報することが可能であるため、業務に影響が発生する前に対処を行うことができます。
通知されるコンソールメッセージはTOM/ARF、TOM/EDFといった統合管理機能と連携することができるため、自動対処を行うこともできます。

有力情報が豊富に採取できます。

システムリソースの利用状況など、システム性能に関するさまざまな情報が採取できます。
情報採取の契機は、動作環境定義で選択できます。

採取した情報をPC上で解析することが出来ます。

ACOSMONSTARが採取した情報は、編集/解析支援機能であるACOSMONSTAR-ER(ACOSMONSTAR Edit and Report)により、PC上で解析することができます。
また、ACOSMONSTAR-ERは、解析情報をCSV形式で出力するため、分析データの作成や加工(グラフ化など)も簡単です。

監視および情報採取処理による負荷はほとんどありません。

監視処理は、動作環境定義で指定されたインターバルで動作します。また、情報採取は問題点検出時など、特定条件下でのみ動作させることが可能であり、通常運転中にシステムに大きな負荷を与えることはありません。(極端に短いインターバルで監視を行った場合、監視対象資源の規模によっては、ある程度のCPU消費が発生します。)

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ戻る