ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. 製品
  2. サーバ・ストレージ
  3. ACOSシリーズ
  4. ACOS-4
  5. プログラムプロダクツ
  6. ACOSMONSTAR
  7. FAQ
ここから本文です。

FAQ

導入編

運用編

ACOSMONSTAR-ER編

導入編

Q1Q1:クラスタシステムでもACOSMONSTARは導入できるのでしょうか?
A1導入できます。クラスタシステムにおいてACOSMONSTARを導入する場合、ACOSMONSTARはホストごとにそれぞれ起動する必要があります。
Q2ACOSMONSTARをクラスタシステムで導入する場合、情報採取先のジャーナルファイルにグローバルジャーナルを使用して1つにまとめることはできますか?
A2できません。
ACOSMONSTARが動作するホスト毎に個別のジャーナルファイルを使用して下さい。
Q3ACOSMONSTARとVISMONSTARの違いは何ですか?
A3ACOSMONSTARはACOS-4システム全体を監視するソフトウェアであり、VISMONSTARはオンラインシステムVIS II の稼動状況を監視します。監視/通報/情報採取という機能を持っている点では同じですが、監視対象が異なります。
VISMONSTARの詳細につきましては、VISMONSTARホームページをご参照願います。
Q4ACOSMONSTARとVISMONSTARを同一ホスト上で動作させることは可能ですか?
A4可能です。
Q5ACOSMONSTARが使用する情報採取用のジャーナルファイルは、他のサブシステムが使用するジャーナルファイルと共有することは可能ですか?
A5他のサブシステムと共有することも可能ですが、できればACOSMONSTAR専用のジャーナルをご用意いただくことを推奨します。
サブシステム間でジャーナルを共有する場合、各サブシステムが出力するジャーナル量を考慮してジャーナルファイルの全体容量を見積もる必要がありますが、ACOSMONSTARは通常、システムの問題を検出時にのみ情報採取を行ない、また、採取される情報量はシステムの状態に依存するため、容量算定が非常に複雑なものとなります。
また、ジャーナル出力が競合した場合、ACOSMONSTARの解析情報を採取することにより、他のサブシステムにおけるジャーナル出力処理遅延の原因となることが考えられます。
なお、リカバリ用ジャーナル(BJF,AJF)との共有は行なわないで下さい。
Q6ACOSMONSTAR導入にあたり、システムの停止は必要になりますか?また、システムパラメータの変更は必要ですか?
A6
  • システムの停止について
      ACOSMONSTARを購入済みのシステムの場合、システムの再立上げは必要ありませんが、ACOSMONSTARを未購入のシステムで追加購入を行う場合は、有償PPインストール作業としてシステムの再立上げが必要になります。また、以下のシステムパラメータの見直しによって、システムパラメータの変更が必要となる場合は、そのためのシステム再立ち上げが必要となります
  • システムパラメータの変更について
      システムパラメータに関しては次の項目について確認してください。
    • ACOSMONSTARが動作するためのジョブの実行クラスとして、HJ/KJ禁止クラスが利用できる必要があります。
    • SYSOUT使用率監視、SYSREP使用率監視、メイルフォ使用率監視を利用する場合、システムパラメータ$SCHEDULR文で、該当資源に対してオーバロード制御を行う旨の指定が行われている必要があります。
    • メイルフォ使用率監視を利用する場合、システムパラメータ$MPHPARM文のユーザメイルフォクラス数(USERNBC)の値が、ユーザメイルフォクラス定義(MPHCLSn)の個数と一致している必要があります。
Q7SYSOUTやSYSREPファイルを分散スプールファイルとして使用している場合、ACOSMONSTARで使用率監視は可能でしょうか?
A7可能です。
ただし、ACOSMONSTARの動作環境定義には、システムパラメータのオーバロード制御で指定した監視方式($SYSFILE文のOVLDパラメータ)と同じ監視方式を指定してください。異なる監視方式を指定した場合、警告状態を検出できない場合がありますので注意してください。

運用編

Q1ACOSMONSTARをHJ/KJ禁止クラスで動作させなければならないのはなぜですか?
A1HJコマンドやKJコマンドが投入されると、ジャーナルレコード出力処理が中断したり、不完全なレコードが出力される可能性がある為、HJ/KJ禁止クラスでの起動が必要です。
Q2ACOSMONSTARをタイムスライスディスパッチング以外の属性のジョブクラスで起動できますか?
A2可能です。
ACOSMONSTARはシステム常駐ジョブとして動作するため、ACOSMONSTAR自身の処理が、システムに与える影響をできるだけ少なくするために、タイムスライスディスパッチ属性で動作させることを推奨しています。タイムスライスディスパッチング属性以外のジョブクラスで起動した場合、以下の警告メッセージが出力されますが動作上の制限はありません。
    MONS09 WRONG EXECUTION ENVIRONMENT:TIMESLICED DISPATCHING REQUIRED
Q3ジャーナルダンプを時間範囲指定で行ったのですが、対象レコードがありませんとなってしまいます。
A3対象ジャーナルのJFDファイルへの登録時にSEQKEY=YESを指定しているか確認してください。このパラメータが指定されていない場合、ジャーナルダンプで時間範囲指定を行なうことはできません。

ACOSMONSTAR-ER編

Q1ACOSMONSTAR-ERで、AMJファイル(FTPでPCに取り込んだバイナリ形式のACOSMONSTAR採取情報)を2つ同時に開いて見比べる事はできますか?
A1ACOSMONSTAR-ER上で同時に開くことのできるファイルは1つだけです。ACOSMONSTAR-ERを2つ以上同時に立ち上げることはできますので、立ち上げたそれぞれのACOSMONSTAR-ERで異なるファイルを開き、ウィンドウを並べて見ることができます。
Q2CSVファイルの出力サイズはどれくらいになりますか?
A2含まれる情報の内容にもよりますが、おおよそAMJファイルのサイズの2倍程度を見積もってください。出力される情報が多くなりすぎるとファイルを開くのにも時間がかかりますし、解析にも時間がかかります。できるだけ解析を行いたい事象の発生時刻近辺に絞ってCSV変換を行うようにして下さい。予めJNLDUMP採取時に時間範囲を絞り込んでおくことを推奨します。
Q3AMJファイルを開くと、「対応していないレコードタイプがあります。」あるいは、「未対応のレコード情報形式です。」のエラーメッセージが表示されます。原因を教えてください。
A3AMJファイルに、ご利用のACOSMONSTAR-ERでは未対応の形式のジャーナル情報が含まれています。
古いバージョンのACOSMONSTAR-ERで、それよりも新しいバージョンのACOSMONSTARで採取した情報を開こうとした場合に、これらのメッセージが出力されることがあります。担当のSEより最新のACOSMONSTAR-ERを入手してください。
Q4古いバージョンのACOSMONSTARで採取したデータ(ジャーナルダンプ等)や、古いバージョンのACOSMONSTAR-ERで作成したAMJファイルがあります。最新のACOSMONSTAR-ERで利用することはできるでしょうか?
A4ACOSMONSTAR-ERは上位互換を持っているため、古いバージョンのACOSMONSTAR、ACOSMONSTAR-ERで作成したデータもそのまま利用することができます。
Q5ヘルプを開くと「取り消されたアクション」と表示されてしまいます。何が原因でしょうか?
A5サーバなどのリモートコンピュータ上にACOSMONSTAR-ERをインストールした場合、「取り消されたアクション」と表示され、ヘルプが利用できません。
ACOSMONSTAR-ERは、ローカルコンピュータ上にインストールする必要があります。
Q6インストールする際に「このプロ グラムは正しくインストールされなかった可能性があります。」と表示されます。
対処方法を教えてください。
A6インストールは正常に完了し、通常通りご利用いただけますので、キャンセルを選択し「プログラム互換性アシスタント」を閉じてください。
Q7「ファイル」メニューの「ファイルのプロパティ」で、情報採取OSバージョンに「-」が表示されます。
原因を教えてください。
A7ご利用中のACOSMONSTAR-ERのバージョンが古いことが原因です。最新のACOSMONSTAR-ERを利用してください。

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ戻る