ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. ACOSシリーズ
  5. ACOS-4
  6. プログラムプロダクツ
  7. ACOS Access Toolkit
  8. 製品体系・価格
  9. .NET版
ここから本文です。

.NET版

ページの情報は参考情報です。
価格・型番に関する最新情報は、担当の営業・SEにお問合せ下さい。

Windows

ACOS Access Toolkit .NET

プロダクト名 型番
保守アンバンドル製品
ACOS Access Toolkit .NET / OLF library V3.0(1-2CPU) UL1179-C05
ACOS Access Toolkit .NET / OLF library V3.0追加ライセンス(+2CPU) UL1179-C06
ACOS Access Toolkit .NET / DataAccess library V3.1(1-2CPU) UL1179-D09
ACOS Access Toolkit .NET / DataAccess library V3.1追加ライセンス(+2CPU) UL1179-D0A
1年間保守バンドル製品
ACOS Access Toolkit .NET / OLF library V3.0
(1-2CPU) 
UL1179-HC05
ACOS Access Toolkit .NET / OLF library V3.0
 追加ライセンス(+2CPU)
UL1179-HC06
ACOS Access Toolkit .NET / DataAccess library V3.1(1-2CPU) UL1179-HD09
ACOS Access Toolkit .NET / DataAccess library V3.1追加ライセンス(+2CPU)  UL1179-HD0A
1年間保守バンドル製品(時間延長)
ACOS Access Toolkit .NET / OLF library V3.0(1-2CPU)  UL1179-JC05
ACOS Access Toolkit .NET / OLF library V3.0追加ライセンス(+2CPU) UL1179-JC06
ACOS Access Toolkit .NET / DataAccess library V3.1(1-2CPU) UL1179-JD09
ACOS Access Toolkit .NET / DataAccess library V3.1追加ライセンス(+2CPU)  UL1179-JD0A
  • 価格の詳細は担当の営業・SEにお問合せ下さい。

サーバ向けのライセンスです。

  • COBOL Data ComposerはJava版のものがバンドルされます。
  • ACOSとの同時接続可能数(コネクション数)に制限がありません。

ACOS Access Toolkit .NET / Developer Edition

プロダクト名 型番
保守アンバンドル製品
ACOS Access Toolkit .NET / OLF library V3.0 Developer Edition UL1179-C07
ACOS Access Toolkit .NET / DataAccess library V3.1 Developer Edition UL1179-D0B
1年間保守バンドル製品
ACOS Access Toolkit .NET / OLF library V3.0 Developer Edition  UL1179-HC07
ACOS Access Toolkit .NET / DataAccess library V3.1 Developer Edition UL1179-HD0B
1年間保守バンドル製品(時間延長)
ACOS Access Toolkit .NET / OLF library V3.0 Developer Edition  UL1179-JC07
ACOS Access Toolkit .NET / DataAccess library V3.1 Developer Edition UL1179-JD0B
  • 価格の詳細は担当の営業・SEにお問合せ下さい。

Developer Editionは開発環境向けのライセンスです。

  • COBOL Data ComposerはJava版のものがバンドルされます。
  • DataAccessライブラリでは、DataAccess/Serverの分散配置機能を利用することはできません。
  • ACOSとの同時接続可能数(コネクション数)が各ライブラリ毎に制限されています。制限を超えたコネクション接続要求はエラーとなります。
    -OLFライブラリ     最大2本
    -DataAccessライブラリ 最大2本

ACOS Access Toolkit .NET / Client Edition

プロダクト名 型番
保守アンバンドル製品
ACOS Access Toolkit .NET / OLF library V3.0 Client Edition UL1179-C08
ACOS Access Toolkit .NET / DataAccess library V3.1 Client Edition UL1179-D0C
1年間保守バンドル製品
ACOS Access Toolkit .NET / OLF library V3.0 Client Edition UL1179-HC08
ACOS Access Toolkit .NET / DataAccess library V3.1 Client Edition UL1179-HD0C
1年間保守バンドル製品(時間延長)
ACOS Access Toolkit .NET / OLF library V3.0 Client Edition UL1179-JC08
ACOS Access Toolkit .NET / DataAccess library V3.1 Client Edition UL1179-JD0C
  • 価格の詳細は担当の営業・SEにお問合せ下さい。

Client Editionはクライアント(PC端末)向けのライセンスです。

  • COBOL Data Composerはバンドルされません。
  • ACOSとの同時接続可能数(コネクション数)が最大2本に制限されます。制限を超えたコネクション接続要求はエラーとなります。
  • DataAccessライブラリでは、DataAccess/Serverの分散配置機能を利用することはできません。
  • ターミナルサービス等を利用して複数人で利用する場合は、サーバ版(UL1179-C05/UL1179-D09)をご購入ください。

ACOS Access Toolkit オプション製品

プロダクト名 型番
保守アンバンドル製品
ACOS Access Toolkit .NET / OLF library V3.1 MFDL変換Option UL1179-D0G
ACOS Access Toolkit 帳票レイアウトエディタ Ver1.0 UL1179-C0H
1年間保守バンドル製品
ACOS Access Toolkit .NET / OLF library V3.1 MFDL変換Option UL1179-HD0G
ACOS Access Toolkit 帳票レイアウトエディタ Ver1.0 UL1179-HC0H
1年間保守バンドル製品(時間延長)
ACOS Access Toolkit .NET / OLF library V3.1 MFDL変換Option UL1179-JD0G
ACOS Access Toolkit 帳票レイアウトエディタ Ver1.0 UL1179-JC0H

ACOS Access Toolkitの機能を拡張するオプション製品です。

  • MFDL変換Optionを利用するためには、開発機、実行機ともに V3.0以降の ACOS Access Toolkit .NET /OLF library または ACOS Access Toolkit .NET /OLF library Developer Edition が必要です。

  • PP・サポートサービスについて (Express5800/100シリーズ)
    NECでは本ソフトウェア製品をより一層ご活用いただくために、PP・サポートサービスをご用意しております。万が一の時、疑問点を解決したい時にタイムリにお応えします。また、バージョンアップ/アップデート物件のご提供や各種情報のご案内も行っております。
    詳細は、こちらをご覧下さい。 サポート料金は、NECが直接サービスを提供する場合の料金です。詳しくは、ご担当のNEC営業、または購入された販売店にご確認下さい。

サーバ向けライセンスについて

ACOS Access ToolkitではCPUライセンス方式を採用しています。
これは、ACOS Access Toolkitが動作するマシンに搭載されているCPUの数に応じた ライセンス方式であり、筐体毎に基本ライセンス(UL1179-C05/D09)が必要となります。 マシンの搭載CPU数が2台以下の場合は、基本ライセンスのみのご購入でご利用頂けますが、搭載CPU数が2台を超える場合は、CPU数に応じて追加ライセンス(UL1179-C06/D0A) もご購入下さい。(追加ライセンス1つにつき、+2台のCPU数で使用できます)
  (例) 搭載CPU数が5~6台の場合:「基本ライセンス×1+追加ライセンス×2」が必要

  • CPU数は物理プロセッサ単位でカウントします。マルチコアプロセッサの場合は、コア数に関係なく、物理的なプロセッサ数をCPU数としてカウントしてください。

<<仮想マシンにおけるライセンスの考え方>>
ACOS Access Toolkitを動作させるゲストOS毎に、以下に従って別個のライセンスが必要です。

  • ゲストOSのCPU割り当てが2コア以下
    →基本ライセンス(本体製品のみ)
  • ゲストOSのCPU割り当てが3コア以上
    →ゲストOSのコア数、ホストOSのCPU数のどちらか小さい方のライセンスが必要

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ戻る