ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. ACOSシリーズ
  5. ACOS-2
  6. プログラムプロダクツ
  7. VIS/VE(VF)
  8. 動作環境
ここから本文です。

動作環境

サポート対象システム

    • i-PX7300GX (モデル50GX~500GX, 搭載OS ACOS-2/MP R11.1)
    • i-PX7300W (モデル50W~500W ,搭載OS ACOS-2/MP R10.1)
    • i-PX7300EX (モデル30EX~600EX,搭載OS ACOS-2/MP R9.1)

本製品はライセンス管理ツールを使用するため、ACOS側に以下の標準修正が必要です。

リリース 標準修正
ACOS-2/MP R9.1 標準修正7号
ACOS-2/MP R10.1以降 不要

クライアント

(a) ACOS-2クライアント側の動作環境(物理マシン/RDP接続環境)

PC本体 ・ Express5800/50シリーズ
・ Express5800/100シリーズ
・ PC98-NXシリーズ(タブレット端末を含む)
OS Windows 7 SP1
Windows 8
Windows 8.1
Windows Server 2008 SP2
Windows Server 2008 R2 SP1
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2

※HW本体でサポートしているOSに限ります。
その他SW ・G1集合文字を利用する場合は「FontAvenue JIPS文字セット G0/G1集合」、または「FontAvenue UniAssist JIPS文字セット」が必要です。対応OSについては、以下を参照してください。
http://jpn.nec.com/font/jipsuni/charset/env.html

(b) ACOS-2クライアント側の動作環境(Hyper-V)

HW ・Express5800シリーズ
ゲストOS Windows 7 SP1
Windows 8
Windows 8.1
Windows Server 2008 SP2
Windows Server 2008 R2 SP1
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2

※複製して作成されたゲストOSは未サポート。
デスクトップ仮想化製品 Windows Server 2008 64bitのHyper-V
Windows Server 2008 R2のHyper-V
Windows Server 2012のHyper-V
Windows Server 2012 R2のHyper-V

(c) ACOS-2クライアント側の動作環境(VMware Horizon View)

HW ・Express5800シリーズ
ゲストOS Windows 7 SP1
Windows 8
Windows 8.1
Windows Server 2008 SP2
Windows Server 2008 R2 SP1
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2

※リンククローン環境では、親仮想マシンでのインストールのみサポート。
デスクトップ仮想化製品 ・ VMware vSphere 5.5 Update 1 以降
・ VMware Horizon6 View 以降
デスクトップ動作環境 ・ Android上で動作する VMware Horizon Client 3.2.0 以降
・ Windows上で動作する VMware Horizon Client 3.2.0 以降
・ Windows OS標準のRDP(リモートデスクトップ)

注意事項

  • VIS/VEを利用するにあたり、ETOSJXおよびネットワークマネージャは必要ありません。
    • 異なるUAで定義されたGUIサービスとETOSJXの混在使用は可能です。
    • プリントサービスとDCSプリンタの混在使用はできません。
  • 帳楽のフォームオーバーレイ印刷機能は以下のOSでのみサポートしています。
    - Windows 7 SP1 (32bitのみ)
    • G1集合文字を使用する場合は、有償PP「FontAvenue JIPS文字セット G0/G1集合」または「FontAvenue UniAssist JIPS文字セット」の導入が必要です。
    • PC側のIBM拡張文字に対応するACOS側の文字はJIPS G1集合に定義されているため、VIS/VEの標準機能ではIBM拡張文字を使用することはできません。IBM拡張文字を使用したい場合は、有償PP「FontAvenue JIPS文字セット G0/G1集合」または「FontAvenue UniAssist JIPS文字セット」を導入してください。
  • VMware Horizon Viewとの連携動作は、自動化されたデスクトッププール(フルクローンプール/リンククローンプール)および、手動デスクトッププールでの利用をサポートします。その他のVMware Horizon Viewの機能には対応していません。
  • 複数のVIS/VE製品(VIS/VE(OL)とVIS/VE(VF)、または、VIS/VE(OL-EX)とVIS/VE(VF))をインストールする場合、異なるバージョンのVIS/VE製品を混在させないでください。異なるバージョンが混在した場合、旧バージョンのVIS/VE製品は使用できません。VIS/VE製品をバージョンアップする際は、両方の製品をバージョンアップしてください。

G1集合文字利用時の注意事項

    • G1集合文字使用時と未使用時では表示/印字用のフォントが異なります。これによりユーザ外字領域の範囲も異なります。現在ユーザ外字を定義して運用している場合、「FontAvenue JIPS文字セット G0/G1集合」または「FontAvenue UniAssist JIPS文字セット」の外字仕様にしたがって、外字を再定義してください。
  • 「FontAvenue JIPS文字セット G0/G1集合」および「FontAvenue UniAssist JIPS文字セット」の仕様により、従来環境からG1集合文字利用環境に移行した場合、およびG1集合文字使用機能を有効にしている場合と無効にしている 場合では、一部のJIPS文字の表示結果と入力結果が異なる場合があります。詳細は「G1集合文字利用環境への移行時の表示と入力に関する注意事項」を参照してください。

お問い合わせ

ページの先頭へ戻る