ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. ACOSシリーズ
  5. ACOS-2
  6. プログラムプロダクツ
  7. VIS/VE(OL),VIS/VE(OL-EX)
  8. 特長・機能
  9. 機能イメージ
ここから本文です。

機能イメージ

プログラム間通信

VIS/VE(OL)を利用した業務アプリケーションは、分散アプリケーションの形態をとります。業務ロジックはACOS側のVISアプリケーションに実装します。画面制御ロジックはPC側のWindowsアプリケーションに実装します。両者がプログラム間通信を行うことにより、業務アプリケーションを構成します。

VIS/VE(OL)では、WindowsアプリケーションがACOS側のVISアプリケーションと通信を行うための機能を実装した「VIS/VE通信ライブラリ」を提供しています。VIS/VE通信ライブラリはWindows用のDLLの形態で提供しており、Windowsアプリケーションにリンクして利用します。

ACOS側のVISアプリケーションは、従来の開発手法で新規開発します。VIS/VE(OL)を利用した業務アプリケーションはMFDを使用しません。しかし、送信データを作成し、 SEND命令(またはWRITE命令)でデータを送信し、 RECEIVE命令(またはREAD命令)でデータを受信し、受信データを処理する、といった一連の動作は、従来のVISアプリケーションと同じです。

PC側のWindowsアプリケーションには、データ受信、画面入出力、データ送信などのロジックを実装します。ACOSとのデータ送受信は、VIS/VE通信ライブラリが提供するVE_Recv()関数やVE_Send()関数を利用します。PC側のリソースを活用した画面入出力ロジックの実装により、従来のVISアプリケーションでは実現できなかった表現能力を持つ業務アプリケーションの実現が可能となります。


※ VIS/VE通信ライブラリはスレッドセーフではありません。マルチスレッドでは利用できません。

※ ACOS側のVISアプリケーションとPC側のWindowsアプリケーションの間のデータ送受信の手順は、
   利用者が設計する必要があります。(一般的な通信プログラムの開発と同じです)

プログラム間通信

COPY原文領域転送

COPY原文領域転送機能とは、従来のVISアプリケーションの画面を、ETOS端末エミュレータに対して送信するのではなく、Windowsアプリケーションに対して送信できるようにする機能です。

この機能を利用するにあたり、ACOS側のCOBOLプログラムの修正は不要です。COBOLプログラムの送信相手(ETOS端末エミュレータ/Windowsアプリケーション)の変更は、JCLの修正により行います。

ACOSからETOS端末エミュレータに画面データを送信する場合、COBOLプログラムが送信用COPY原文領域にセットしてSENDした画面データは、画面属性情報の追加やフィールドの形式編集など、画面送信用のデータ加工が行われた後に、ETOS端末エミュレータに送信されます。ETOS端末エミュレータから画面データを受信した場合も同様です。COBOLプログラムが参照する受信用COPY原文領域には、フィールドセパレータ除去やフィールドの形式編集など、受信した画面に対する加工が行われた後のデータがセットされています。

一方でWindowsアプリケーションに画面データを送信する場合、COBOLのCOPY原文領域のデータは、何も加工されずに送信されます。 Windowsアプリケーションが受信するデータは、 COPY原文領域のデータ構造そのものです。Windowsアプリケーションからデータを受信する場合も同様です。COBOLプログラムが参照する受信用COPY原文領域には、何も加工されていない受信データが、そのままセットされます。そのため、COBOLプログラムは、Windowsアプリケーションが送信したデータを、そのままの形式で受信します。


※ VISの初期画面サービスを利用している画面は、COPY原文領域転送機能を利用できません。

COPY原文領域転送

リモートジョブ起動

リモートジョブ起動機能とは、ACOS側の主導により、ACOS側のVISアプリケーションからPC側のWindowsアプリケーションを起動する機能です。この機能を実現するために、「RJEサービス」プログラムを提供しています。

RJEサービスはPC側に常駐するWindowsアプリケーションです。リモートジョブ起動機能を利用するにあたり、PC側の開発は不要です。

リモートジョブ起動機能を利用すると、VISアプリケーションからPC側のWindowsアプリケーションを起動することができます。自動起動したWindowsアプリケーションは、VIS/VE通信ライブラリが提供するVE_Connect()関数を実行してACOSと接続します。接続が完了した時点で、VIS/VE通信ライブラリが自動的に起動完了通知を送信します。


※ VISアプリケーションから起動するWindowsアプリケーションは、VIS/VE通信ライブラリを利用し 
   てVISアプリケーションと通信を行うものにしてください。

リモートジョブ起動

リモートファイルアクセス ※本機能は、VIS/VE(OL)の拡張版となるVIS/VE(OL-EX)にて提供しています。

リモートファイルアクセス機能とは、ACOS側のVISアプリケーションからPC側のファイルにアクセスする機能です。この機能を実現するために、「RFAサービス」プログラムを提供しています。

RFAサービスはPC側に常駐するWindowsアプリケーションです。リモートファイルアクセス機能を利用するにあたり、PC側の開発は不要です。

リモートファイルアクセス機能を利用すると、VISアプリケーションからPC側ファイルに対して、以下の2種類のI/Oを行うことができます。

バイトI/O

  • PC側のファイルに対して、1バイト単位でI/Oを行います。

  • 指定したサイズのデータのI/Oが可能です。

レコードI/O

  • PC側のファイルに対して、レコード単位でI/Oを行います。

  • レコードはMFDで定義します。ひとつのMFD画面定義が、ひとつのレコードに相当します。 画面内の各フィールドが、レコード内のフィールドに相当します。

  • VISアプリケーションは、COPY原文領域にデータをセットした後に、VIS/VE(OL)が提供するレコードI/Oサブルーチンを呼び出します。これにより、PC側のファイルに対するレコードI/Oが実行されます。

  • レコードI/O時には、各フィールドに対してVISの形式編集が行われます。

リモートファイルアクセス

お問い合わせ

ページの先頭へ戻る