ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. ACOSシリーズ
  5. ACOS-2
  6. プログラムプロダクツ
  7. UXNET/ML
  8. 特長・機能
  9. 機能概要と製品の特長
ここから本文です。

機能概要と製品の特長

機能概要

機能概要は以下のとおりです。

E-Mail送受信

UXNET/MLではSMTPプロトコルを使用して、E-Mailの送受信を行うことができます。

  • InternetおよびIntranet上にあるメールサーバとの間でメールの送受信を行うことができます。
    • ACOS-2システム間でのメールの送受信を行うことができます。

E-Mail送受信

メール送受信インタフェースの提供

UXNET/MLではメールの作成、送信、参照などのユーザインタフェースを提供しています。各機能毎に画面が設定されており、相互の画面は「機能選択画面」を頂点に自由に呼び出しが可能です。

メール送受信インタフェースの提供

AP連携

UXNET/MLではAP連携機能を実装しています。AP連携機能ではメール受信時にAPを起動することが可能です。ユーザ名とそれに対応するAPの起動JCLマクロを指定しておくことで、特定のユーザ宛のメール着信時にジョブを起動することができます。

  • 「SMTPシステム定義」ファイルでユーザ名と起動JCLを対応付ける
    • 起動JCLを対応付けたユーザ宛のメールが着信したらジョブを起動

AP連携

PWSS連携

UXNET/MLではPWSSメールとE-Mailとの相互乗り入れを実現しています。以下のような機能を持っています。

PWSSテキストメールを利用したE-Mail送受信操作

    • SMTPを通じてACOS-2環境外のユーザとのE-Mail送受信が可能
  • 送受信時に「ユーザ名@ホスト名」という形式で宛先を指定する以外は従来のPWSSテキストメールと同様の操作

TCP/IPで接続できないPWSS端末からのE-Mail

  • DINA接続のN5200系端末からのE-Mail送受信が可能

SMTPユーザ数100までという制約から開放

  • 全てのPWSSユーザがE-Mailの送受信が可能

ACOS-2間のメール送受信も実現

  • internet/Intranet上にある他のACOS-2でも、双方でSMTPを利用することで、PWSSユーザ間のメールの送受信が可能

PWSSテキストメールの操作性向上

  • 行の挿入/削除等のメール編集機能を強化

SMTP/APIの実装

UXNET/MLではSMTP/APIを提供しています。このSMTP/APIを使用することで、ユーザ作成のプログラムにメール機能を組み込むことが可能です。

    • プログラム間通信(DC@MAIL)機能を使用して、ユーザ作成のプログラムとSMTP間のインタフェースを実現しています。
    • CALL形式による呼び出しで以下のメール操作が可能です。
      メールの送信、受信メールの取得、受信メールの削除

SMTP/APIの実装

製品の特長

UXNET/MLには、以下のような特長があります。

    • SMTPプロトコルを利用したE-Mailの送受信が可能
    • TCP/IPで接続できないPWSS端末からのE-mail利用が可能
    • メール作成、送信、参照等のユーザインタフェースを提供
    • <AP連携>
      SMTP利用者名とそれに対応するAPの起動JCLマクロを指定し、メール受信時にAPジョブを起動することが可能
    • <PWSS連携>
      PWSSメールとE-Mailとの相互乗り入れが可能
    • <SMTP/API>
      メール送信、取得、削除を行うプログラムインターフェイスを利用し、ユーザAPにそれらのメール操作機能を組込むことが可能

また、新パラレルACOS<i-PX7300>ではACOS-2/iPackageとして提供しているACOS-2/Mailサーバを導入し、UXNET/MLとExpressMailを組み合わせることができます。これにより、UXNET/ML単体では実現できなかったISP経由のメール送信やiモード端末への送信等柔軟なメール送信にも対応します。

お問い合わせ

ページの先頭へ戻る