ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. ACOSシリーズ
  5. ACOS-2
  6. プログラムプロダクツ
  7. OLF/FL-RS
  8. 特長・機能
  9. 強化内容
ここから本文です。

強化内容

MP R5.1強化  環境設定ツールの提供

強化機能イメージ

OLF/FL-RS環境設定ツールの利用により、以下のことが可能となります。

  1. GUIによる「ファイル情報」、「フィールド定義」の作成更新が行えます。
    「ファイル情報」、「フィールド定義」は、ファイルアクセス時にrefam/disk for ACOS-2が参照する以下の内容のものです。
    • ファイル情報 :
      アクセスするACOS-2ファイルの情報(外部ファイル名、レコードサイズ等)
    • フィールド定義:
      コード変換時に参照されるレコードのフィールド構成の定義
  2. JCL(対象ファイルの \ASSIGN文、\DEFINE文指定のあるもの)を元に、ファイル情報を自動生成することができます。
  3. 対象ファイルにアクセスを行っているACOS-2 APのCOBOLソース/COPY原文を元に、フィールド定義を自動生成することができます。
  4. オープン連携環境設定機能(TCP/IP)と連携することで、ACOS-2上にあるJCLファイル、COBOLソース/COPY原文ファイルのダウンロードし、ファイル情報、フィールド情報を自動生成するという一連の操作が行えます。

強化機能イメージ

強化機能概要

機能概要は以下のとおりです。

GUIによるファイル情報、フィールド定義の作成/編集ができる「OLF/FL-RS環境設定ツール」を提供

OLF/FL-RS環境設定ツール

OLF/FL-RSを使用するうえで必要な各種環境情報のうち、refam/disk for ACOS-2が参照する以下の情報ファイルについて、GUIにより簡易に生成するためのツールを提供します。

    • ファイル情報ファイル :

      アクセスするACOS-2ファイルの情報(外部ファイル名、レコードサイズ等)

    • フィールド定義ファイル:

      コード変換時に参照されるレコードのフィールド構成の定義

本ツールは、GUIによりビジュアルに情報指定ができるのに加え、既存のJCL、プログラムソース/COPY原文を元に、ファイル情報・フィールド定義の自動生成を行う機能も備えています。

OLF/FL-RS環境設定ツールは、ACOS-2/MP R5.1以降のOLF/FL-RSにバンドルされています。また、OLF/FL-RS環境設定ツールにより作成した「ファイル情報ファイル」については、refam/disk for ACOS-2 Ver1.2以降にて利用可能です。

※「フィールド定義ファイル」については refam/disk for ACOS-2 Ver1.1以前のものでも利用できます。

強化機能特長

    • GUIによる作成/編集の簡易化
    • プルダウン選択等による指定誤りの防止
    • 既存のJCL、プログラムソースを元にした自動生成

強化機能導入効果

ファイル情報、フィールド定義の作成/保守の簡易化がとともに、設定ミスによるトラブルを未然に避けられることができ、導入・運用に要するコストを削減することができます。
また、OLF/FL-RSの使いやすい環境が整うことで、オープン連携システムの導入/運用の推進が図れます。

強化機能適用リリース

本機能はACOS-2/MP R5.1から利用可能。
また、生成された「ファイル情報ファイル」については、refam/disk for ACOS-2 Ver1.2以降で利用可能。

強化機能導入事例

OLF/FL-RSにバンドルするPC物件を、オープン連携環境設定機能(TCP/IP)(OLF/AD-SG)のインストールされているPCに追加インストールすると、refam/disk for ACOS-2に関する各種設定をWindows PCにてGUIで行うことができるようになります。

環境設定機能では、以下のようにOLF/FL-RSの動作環境が設定できます。

  1. GUIツールによる環境設定
    ファイル情報、フィールド定義情報の作成更新をGUIにより簡易に行うことができます。
  2. 環境設定の自動生成
    JCLファイルからファイル情報、COBOLソース/COPY原文からフィールド定義情報を自動生成することができます。
  3. オープン連携環境設定機能(TCP/IP)との連携
    オープン連携環境設定機能(TCP/IP)(OLF/AD-SG(TCP/IP))からの連携起動の場合は、ACOS-2上にあるJCLファイル、COBOLソース/COPY原文のダウンロードし、ファイル情報、フィールド定義情報を自動生成するという一連の操作が行えます。

強化機能導入事例

お問い合わせ

ページの先頭へ戻る