ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. ACOSシリーズ
  5. ACOS-2
  6. プログラムプロダクツ
  7. OLF/AD-BK
  8. 特長・機能
  9. 適用例
ここから本文です。

適用例

適用例1:基幹業務資産のオープン環境でのバックアップ

本適用例は、ストレージ装置に格納されたACOS-2ボリュームをクロスコール先のExpressサーバから圧縮してバックアップし、社内のバックアップサーバに格納しています。格納したデータはバックアップサーバに接続された周辺装置を利用して各種オープン環境の媒体に格納することができます。

  1. 圧縮指示
    ACOS-2から$SAVEユーティリティを実行することにより、Expressサーバに圧縮指示を行います。
  2. Windowsファイルに圧縮
    ACOS-2から起動されたExpressサーバ側の圧縮/展開プログラムは、ACOS-2ボリュームを圧縮してバックアップします。
  3. ファイル転送指示
    バックアップ処理の終了後、業務連携機能を使用してACOS-2からファイル転送の指示をExpressサーバに対して行います。
  4. バックアップサーバにファイル転送
    Expressサーバは、バックアップしたデータを、ネットワークに接続されたバックアップサーバにファイル転送します。
  5. 各種オープン媒体への格納
    バックアップサーバにファイル転送されたACOS-2のデータは、Windows形式のファイルなので、各種オープン媒体へ格納することができます。

適用例1

適用例2:災害対策としてのシステムの冗長化

本適用例は、遠隔のACOS-2にボリューム単位に転送したデータを利用して、災害時にもシステム運用を継続させるシステム例です。

  1. 圧縮指示
    本社のACOS-2から$SAVEユーティリティを実行することにより、Expressサーバに圧縮指示を行います。
  2. Windowsファイルに圧縮
    ACOS-2から起動されたExpress側の圧縮/展開プログラムは、ACOS-2ボリュームを圧縮してバックアップします。
  3. 転送指示
    バックアップ処理の終了後、業務連携機能を使用してACOS-2からファイル転送の指示をExpressサーバに対して行います。
  4. FTPで転送
    オープン連携サーバは、バックアップしたデータをFTPにより支社のExpressサーバに転送します。
  5. 展開指示
    災害発生時には、本社から転送されたデータを支社のACOS-2に展開するため、支社のACOS-2にて$RESTOREユーティリティを実行します。
  6. ACOS-2ボリュームの展開
    支社のACOS-2から起動されたExpressサーバ側の圧縮/展開プログラムは、ACOS-2ボリュームを展開復旧し、本社の業務を継続します。

適用例2

お問い合わせ

ページの先頭へ戻る