ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. ACOSシリーズ
  5. ACOS-2
  6. プログラムプロダクツ
  7. ACOS-2 SystemReporter
  8. 特長・機能
  9. 導入の効果
ここから本文です。

導入の効果

以下のような導入効果が期待できます。

システムの安定した運用を支援

システムの運用状況を蓄積/保存して活用することで、システムの運用状況が明確となります。どのような業務がどのような時間に実行されているかを把握することで、迅速な障害対応などが可能となり、安定したシステムの運用が期待できます。

内部統制などのコンプライアンス対応を支援

ユーザ認証ログや、データベース/標準ファイルなどのアクセス状況をレポーティングすることで、証跡管理を支援します。

次期システムの方向性を考えるための情報を提供

現状の運用/保守を継続しつつ、今後の業務システムを強化の方向性を考える場合の有効な情報を提供します。

なお、システム運用情報レポートでは、日々のジョブ実行などの運用状況を明確にすることでシステムの可視化を支援します。これに対し、実行されているプログラムなどの業務資産ごとの状況を明確にする機能としては、業務資産管理ツールを提供しています。

お問い合わせ

ページの先頭へ戻る