ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. SOA
  4. SOAとは
ここから本文です。

SOA(サービス指向アーキテクチャ)とは

SOAは、「企業内システムまたは、パートナ企業のシステムも含めたITシステムを構築する際に、サービスの集合体として設計するアーキテクチャ」です。SOAに基づくシステムは、アプリケーションの機能を「サービス」として切り出し、それらのモジュールを組み合わせてビジネスプロセスを構成することで実現されます。「サービス」は、アプリケーションの機能を再利用可能な単位(業務として意味のある単位)でモジュール化したものであり、標準インタフェースによって連携します。

SOAに基づくシステムのイメージ■SOAに基づくシステムのイメージ

SOA導入によるメリット

SOAを適用したシステムの特徴としては

  1. アプリケーションの機能の再利用が容易になる。
  2. システムの変更に対して柔軟に対応できるようになる。

という点があげられます。

これらの特徴により、SOAを導入することは企業にとって以下のようなメリットをもたらします。

  • 既存のアプリケーション機能を再利用することで、新規システムの開発から展開までの期間が短縮される
  • 既存アプリケーションの機能をサービス化して新規のシステムに組み込んで利用することが可能なため、既存アプリケーション資産の有効活用ができる
  • アプリケーション間の依存度合いを低減できるため、修正箇所が局所化され、システムの構築/変更/運用コストが下がる

ページの先頭へ戻る