ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

BPMトータルサービス

景況感が厳しい昨今において企業は、次の成長に向けた抜本的なITの構造改革に注目しており、ビジネス戦略とIT戦略、およびビジネス計画とIT計画の一体化を優先課題としております。そのためにはビジネスプロセスの改革が最優先であり、併せて企業・組織全体およびビジネス構造自体を見直し、コストを低減して行きたいと考えております。

継続した業務改革を実現する、全体最適のためのシステム構築を行うため、導入前のしっかりとした診断・検証、綿密なアーキテクチャの策定、業務改革の支援を提供します。

業務改革基盤(BPMシステム)の構築ポイント

業務改革とあわせた導入

BPMシステムを導入するにあたり、業務側の改革は切っても切り離せません。
業務の合理化/標準化、ビジネス構造の見直し、組織の見直しなどと合わせBPMシステムを導入することで、業務コストの削減、業務品質の向上を実現できます。

業務改革とあわせた導入

SOAベースのシステムアーキテクチャの導入

継続的な業務改革を実現するためには、ビジネス変化に柔軟に対応できるシステムアーキテクチャが必要となります。
SOAを活用することで柔軟なシステムを実現することができます。

SOAベースのシステムアーキテクチャの導入

業務改革基盤(BPMシステム)構築支援サービス

<IT投資の検討フェーズ>

自社の置かれた状況を客観的に分析し、事実に対する正しい認識を持つことから取り組みをスタートさせ、改革テーマの仮説検証を行い、それぞれの改革テーマを実装するための基本構想を立案した上で、IT戦略策定に入ります。

IT戦略策定サービス

経営と融合したIT戦略を描くためのサービスです。大きく分けて(1)システム導入方針の策定、(2)ITグランドデザインの策定、(3)ロードマップの策定、を実施します

構想策定サービス

改革テーマを具体化し、業務改革の方向性とそれに基づくシステム化方針の構想を策定します。

<BPM投資の検討フェーズ>

ビジネスプロセスの中でどのビジネスプロセスの改革を優先すべきかを診断するサービスです。

BPM診断サービス

改善余地、期待効果、取り組みの容易さを総合的に分析し、どのプロセスから取り組むかを決定していきます

<BPM導入検討フェーズ>

全体最適のための継続的な業務改革(BPM)、または、そのための基盤(BPMシステム)を導入するにあたり、業務側の業務改革支援、システム化計画、BPMの仕組み導入や定着化の支援を行ないます。

業務改革支援サービス

BPM、ABM(アクティビティ・ベースト・マネジメント)、チェンジマネジメント(意識改革)の3つのアプローチを必要に応じ適切に組み合わせ、業務改革のコンサルティングを行います。

BPM導入支援サービス

BPMを実施する企業風土構築のために、BPMの仕組み導入から運用段階までを支援します。

システム化計画サービス

BPMアプローチによる業務改革に基づくシステム化の計画策定を支援します。

プロセスモデリング

実際にビジネスプロセスのデザイン(プロセスの可視化)を行ないます。

<ITアーキテクチャ設計フェーズ>

ビジネス戦略、および、ビジネス計画、業務改革を実現するために最適なシステムアーキテクチャ/インフラ設計をSOAベースで構築します。

SOAコンサルティング

ビジネスレイヤからプラットフォームレイヤまでをカバーするシステム最適化の方法論、経験や実績に基づく技術や製品適用ノウハウを活用した、コンサルティングサービスを提供します。

<設計―開発フェーズ>

BPMシステム/SOAシステム、プロセスモニタリングの仕組みを、実際にツールを活用しシステム構築します。

<アフターサービスフェーズ>

ビジネスプロセスを継続して改善していけるように、 KPI(重要業績評価指標)を活用しモニタリングする仕組みの構築支援を行います。

モニタリング&KPI改善支援サービス

KPI(重要業績評価指標)をモニタリング・測定し、その分析・評価結果に応じてさらなる改善を進める活動を支援します。

業務改革基盤(BPMシステム)構築支援サービスの開始パターン

パターン1
全社のIT投資戦略検討から開始する
パターン2
BPM診断から開始する(どのプロセスを優先的に改善するか決まっていない場合)
パターン3
BPMの導入から開始する(ある程度どこを改善するか決まっている場合)
パターン4
BPMシステムの導入のためのプロセスモデリングから開始する

お問合せ窓口

NEC
クラウドプラットフォーム事業部

メール: soa@isd.jp.nec.com

ページの先頭へ戻る