ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

IT未来ラボ アンケート&レポート

「IT未来ラボ アンケート&レポート」は、中堅中小企業を取り巻く環境・関心事・課題・悩みや展望などについて、アンケート調査を行い、その結果をみなさまと共有し、解決するためのヒントを一緒に考えていく企画です。

【第1回】クラウドサービス アンケート結果

2015年1月~2月に「クラウドサービス(ASP・SaaS)ニーズ調査」を実施しました。
そのアンケート結果を、みなさまと一緒に見ていきましょう。

<「クラウドサービス(ASP・SaaS)ニーズ調査」実施概要>

  1. 調査対象 :NECメールマガジン購読者
  2. 調査方法 :インターネットwebアンケートフォームによる実査
  3. 調査期間 :2015年1月15日(木)~2月13日(金)

アンケート回答者プロフィール

  • 年商規模は、300億未満がおよそ半数。
  • 業種は、製造業が約3割と最も多い。

アンケート結果

Q1:利用したいクラウドサービス

利用したいクラウドサービスの上位は、次の通り。非業務系サービスのニーズが高かった。
    1位(47%) バックアップ
    2位(44%) メール/グループウェア/eラーニング
    3位(43%) ウィルス対策

Q2:クラウドサービスに対する不安

  • クラウドサービスへの不安は、「情報漏えい」(6割強)がダントツ

Q2-1:情報漏えいに不安がある人が利用したいセキュリティ関連のサービス

  • ウィルス対策やセキュリティの強化のサービスに関心が高い

情報漏えいに不安がある人が利用したいセキュリティ関連のサービス

Q3:クラウドサービスに対する期待

  • クラウドサービスへの期待は、「災害時の安全性」(約半数)
  • 「安全」「運用」「コスト」という結果は、一般的に言われているクラウド活用のメリットの裏付けとなった

クラウドサービスに対する期待

Q3-1:災害時の安全性に期待する人が利用したいクラウドサービス

  • 「ウィルス対策」など、セキュリティ強化についてのサービスに期待が高い

災害時の安全性に期待する人が利用したいクラウドサービス

本日のまとめ

クラウドサービスを利用するユーザは、年々増加しています。
新規システム導入時にクラウドを検討するユーザは約8割にもなり(MM総研調査2014年11月)、「クラウドファースト」が浸透してきていることが言えます。

私共で実施したアンケートでは、非業務系サービスのニーズが高いという結果になりましたが、「情報漏えい」など、クラウドサービスに対して不安を感じているユーザも多く、セキュリティ強化も求められています。また、クラウドサービスに対する期待としては、「災害時の安全性」という意見も多くありました。

災害対策の一環としてデータセンターやクラウドサービスが注目され、クラウド活用のメリットを理解するユーザが増えている一方で、情報システムの事業継続計画である「IT-BCP」の策定は、まだまだ進んでいないのが現状のようです。

そこで今回は、情報システムにおける災害時の対策について、みなさまの声をお聞かせいただきたいと思います。

ページの先頭へ戻る