ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. NEC Solution Platforms
  4. ラインアップ
  5. Cloud Platform Suite データセンターパッケージ
  6. 「MM総研大賞2015 ものづくり優秀賞」を受賞!
ここから本文です。

「MM総研大賞2015 ものづくり優秀賞」を受賞!

優れたICT技術で積極的に新市場の開拓に取り組んでいる企業に贈られる「MM総研大賞」。その中で、NECの「Micro Modular Server/相変化冷却ユニット」が「ものづくり優秀賞」を受賞いたしました。

こんな点が評価されました

「ものづくり優秀賞」は、“ものづくり”の分野で、卓越したハードウェア/ソフトウェア技術により「先進性」「革新性」などに優れ、市場からも高く評価されている製品に与えられるもので、いま改めて高まるものづくりへの関心を受けて、今回2年振りに復活しています。

そのような中で、「Micro Modular Server」「相変化冷却ユニット」が高く評価されたのは、データセンター全体の電力を大幅に削減する技術に加え、クラウドサービスを支えるデータセンター向けの次世代プラットフォームとして国内市場のみならず、グローバル市場への導入拡大も期待されるという点でした。

「Micro Modular Server / 相変化冷却ユニット」とは

「Micro Modular Server」の特長は「高密度と省電力」。できるだけ多くのサーバを搭載するために、サーバ1台を手のひらサイズにまで小さくしたことで、1ラックあたりに搭載できるサーバは約700台!設置スペースを従来の約1/4(*1)まで大幅に削減できるだけでなく、各部品にはさまざまな省電力部品を採用しているので、消費電力も約1/4(*2)となり、フロアスペースと電力コスト増加の両方の課題へお応えします。

これだけのサーバが集積されることで気になる冷却(排熱)については「相変化冷却ユニット」が効果を発揮します!液体が気化する際に熱を奪う原理を応用し、電力を使わずに排熱をデータセンターの外に運び出すことで空調消費電力を大幅に削減しています。

*1:「Micro Modular Server」1ラック(736サーバ)と同等性能のブレードサーバ(SIGMABLADE 232サーバ)との比較。
*2:1日12時間フル稼働、12時間は待機状態で1年間稼働させた場合の年間消費電力量を元に算出。

「Micro Modular Server」と「相変化冷却ユニット」

NECの最先端データセンター「神奈川データセンター」を支えるサービス基盤としても使用されている「Micro Modular Server」と「相変化冷却ユニット」。「Cloud Platform Suite データセンターパッケージ」は、これらを組合わせ、データセンター事業者、クラウドサービス事業者のお客さまのコスト削減をご支援します。より詳細な説明を聞きたいなどご興味をお持ち頂けましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください!

実際にご覧いただけます!

「Micro Modular Server」と「相変化冷却ユニット」を、NECのショールーム「NEC イノベーションワールド(品川)」にてご紹介しています!この他にもさまざまなテーマの製品・ソリューションをご体験いただけますのでぜひご来場ください。

  • スマートシティブース「Real IT Coolソリューション」
    ICT機器やファシリティの消費電力、温湿度、気流分布などサーバルームの現状を様々な角度から「見える化」し、最適な改善ソリューションを適用することにより、サーバルームのエネルギーコストの削減と効率的運用に貢献します。

※本ショールームは完全予約制となりますので、下記よりお申込みのうえご来場ください。

ページの先頭へ戻る