Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

  1. ホーム
  2. 製品
  3. NEC Solution Platforms
  4. 特集記事
  5. データベースの高速化はカンタン&スピーディに実現できる!

データベースの高速化はカンタン&スピーディに実現できる!

増加しつづけるデータ量に追いつけなくなったと感じていませんか?

ビジネスが拡大していく中で、企業が扱うデータ量は増加していくばかり。まさにビッグデータと言われるほどの勢いですが、データ量が増えすぎて処理がおいつかなくなってしまった…ということはありませんか? これからの時代、データ量が増えるのは止められませんし、処理もタイムリーにこなして次のアクションにつなげたい、と願うことは企業活動では自然ななりゆきです。だからこそ、より高速にデータ処理ができる環境構築がいま求められているのです。

また、ビジネスを進めていくなかでは多様な業務システムを構築・利用されていることと思いますが、それぞれのシステムごとにデータベースを個別に構築しているケースも少なくないのではないでしょうか?個別のシステムでは最適化できていても、企業全体で見てみると遊休リソースがあったり、データベースごとにバッチの適用やバックアップなどの作業が発生するため、運用管理の負荷が大きくなってしまいます。企業のデータベースは、できることなら1つに統合、効率化して、運用管理もラクにしたいですよね。
こうした課題のソリューションとなる統合型データベースへのニーズは年々高まっていて、1つのトレンドとなってきています。

統合型データベースのメリット

豊富なSI実績ノウハウで高速化を実現する
『Data Platform for Oracle® Database』

NECの統合型データベース基盤『Data Platform for Oracle® Database』は、オラクル社製データベースの機能に加え、四半世紀を超えるオラクル社製品のSI実績に裏付けられた構築ノウハウやチューニングノウハウを盛り込んで適切にサイジングされた基盤製品です。データベースとしての効率性をとことん追求し、CPUやメモリ、ディスクなど各コンポーネント間の帯域でボトルネックを排除した設計や、大規模メモリ上で大量のデータを並列処理することで、データ処理の高速化を実現し、トランザクション性能も従来の10倍以上に高めたハイパフォーマンスを誇ります。また、あらかじめ必要なハードウェアとソフトウェアを最適な構成で設計/構築/検証してご提供しますので、スピーディに高性能なデータベースを導入していただけます。

実際に導入されたお客さまでは、データ量の増加にともなって夜間のバッチ処理が追いつかなくなっていましたが、データ処理の高速化を実現することで、夜間のバッチ処理にかかる時間を従来の5分の1までに短縮し、昼間のアクセス集中によるレスポンス低下も見られなくなりました。

Data Platform for Oracle® DatabaseData Platform for Oracle® Database

また、データベースサーバを本製品に移行・集約すれば、個々の遊休リソースをまとめて全体最適化できるため、統合基盤をメンテナンスするだけで、従来実施していたような個別サーバのバッチ適用などの作業をスキップできます。 でも、データベースの統合って言うのはカンタンだけど、実際にやるとなると難しそう…、オーバースペックなデータベースは勿体ないし、コストが心配だな…という声もお聞きします。NECは豊富なSI実績をもっていますので、お客さまが現在構築・運用されているデータベースの状況をヒアリングして、確実かつ効率的なデータベース統合をご支援いたします。

24時間、365日安定稼働の期待に応えます

データベースはさまざまな業務システムを支えていますが、システムによっては24時間/365日の安定稼働も求められます。『Data Platform for Oracle® Database』には、HAクラスタリングソフトウェア『CLUSTERPRO X』をはじめ、最新の高性能なスケーラブルHAサーバや、Linux(OS)のハイレベルなサポート、つまりハードウェア/OS/ ミドルウェアが機能レベルで強固に、かつきめ細やかに連携して可用性を高めたラインナップもご用意しております。

たとえば、ハードウェア側で障害が発生した場合にもミドルウェア側で障害を予測したり、または瞬時に障害を把握しますので、迅速で確実なフェイルオーバが可能。万が一の障害時も基幹システムをささえるデータベースとして期待される可用性が高まります。2/19発表の高性能サーバNX7700Xを組み合わせたモデルは、まさにこのハードウェアとミドルウェアの連携が強化され、高可用性を実現しています。(詳細はこちら)

さらに、オラクル社製品の障害をいち早く検知できる『Oracle Clusterware』と前述のクラスタリングソフトウェア『CLUSTERPRO X』が両社の共同開発により連携し、スピーディなフェイルオーバを実現する新しい取り組みも魅力です。

お客さまに最適なソリューションをご提案します。まずはご相談を!

『Data Platform for Oracle® Database』によるデータベース基盤をより安全、安心かつ効率的に活用いただくために必要となる運用管理、バックアップソリューションもご提供しております。運用管理ソフトウェア『WebSAM』とOracle Enterprise Managerとの連携によるでOracleデータベースを含めたシステム全体の統合監視を実現し、『iStorage HS』によるバックアップのソリューションなど、お客様に最適なソリューションを総合的にご提案させていただきます。

データ処理の高速化やデータベースの統合にご関心をお持ちのお客さまはぜひお気軽にご相談ください!

お気軽にご相談ください!

  • OracleとJavaは、Oracle Corporation及びその子会社、関連会社の 米国及びその他の国における登録商標です。
  • 文中の社名、商品名等は 各社の商標または登録商標である場合があります。