ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. NEC Solution Platforms
  4. 特集記事
  5. デスクトップ仮想化(VDI)のメリットをスピーディに手に入れよう!
ここから本文です。

デスクトップ仮想化(VDI)のメリットをスピーディに手にいれよう!

時と場所を選ばないワークスタイルを可能にするVDIとは?

ノートPCやタブレット/スマートフォンが普及し、ネットワーク環境が整ってきた現代では、いつでもどこでも会社にいるかのように仕事ができるワークスタイル改革の関心が高まっています。そこで注目されているのが、従来のクライアントPCからデスクトップ環境を仮想化してサーバ上に集約する、VDI(Virtual Desktop Infrastructure)という技術です。

VDIを活用すると、時間や場所に縛られない自由なワークスタイルがうまれ、自宅や外出先でも会社にいるかのように仕事ができます。災害が発生して職場への移動が困難となった場合でも自宅からアクセスしてビジネスを継続することもできます。
大事なデータはサーバ側に保存しているので、紛失や盗難といった情報漏えいのリスクが常につきまとうPCの持ち出しリスクからも解放!さらにはWindows XPのサポートが終了してしまう中、Windows XP環境でのみ運用できる基幹システムを抱えている企業にとっては、Windows XP環境の延命施策としても有効、とVDIは複合的なメリット生むソリューションなのです。

いつでもどこでも、会社にいるのと変わらないワークスタイル

いつでもどこでも、自分の環境が使用可能に

とってもお手軽&スピーディにVDI導入!
実績に裏付けられたノウハウをご提供する『Application Platform Suite シンクライアント基盤』

VDIを導入したいと考えたとき、それをささえるデスクトップ仮想化基盤に必要なハードウェアやソフトウェアの情報収集から選定、さらには組み合わせての検証などが必要となります。これらの検討、作業をひとつひとつこなしていくには膨大な時間と労力がかかってしまいます。

また、やっとのことでVDIを導入しても、長期休暇明けや月末などユーザのアクセスが一時的に集中したときにストレージ側の負荷がいっぱいになった結果、VDIにアクセスしにくくなり、事実上、企業活動そのものがストップしてしまう可能性もあるのは、意外と見落とされがちです。こういった事態に陥らないためにも、安定したVDI環境を維持する必要がありますが、日々の運用管理を徹底しても、運用管理者の負荷が増えるうえに、なんらかの人為的なミスを防ぎきることはできません。

このような課題を解決するのが『Application Platform Suite(以下、APS) シンクライアント基盤』です。VDIの構築・導入実績が豊富なNECのノウハウをもとに最適な設計/サイジングで実現するデスクトップ仮想化システムをレディメイドでご提供します。NECはいちはやくVDIソリューションをご提供し、すでに280社以上の導入実績があります。この実績に裏付けられたノウハウをもとに、デスクトップ仮想化基盤に必要なハードウェアとソフトウェアをあらかじめ最適な構成で設計/構築/検証していますので、スペックが足りずに運用に支障をきたしたり、逆にオーバースペックで設備投資に無駄をだすこともありません。お客さま側での作業は仮想PCを作成するだけ!スピーディに信頼できる安心のVDIを導入していただけます。

休暇明けなどアクセスが集中するタイミングや、セキュリティパッチをまとめてあてたい場合にも、負荷集中によるVDI停止を未然に防ぐようにあらかじめ設計していますので、安定したVDI環境を継続していただけます。

シンクライアント化にあたっては、PC環境が従来と変わってしまうのではないか、不便になるのは困る!という声もお聞きします。しかし、APS シンクライアント基盤であればVDI方式を採用しているため、使い勝手も従来のまま。幅広いアプリケーションと互換性があるので、エンドユーザーも安心してVDI環境で仕事ができます。

VDI導入後にクライアント数を増やしたいと思った時にも、またイチから検討するのは大変そう・・・という心配もいりません。増設ユニットをご用意しておりますので、必要に応じてユニットを追加するだけでVDIユーザ数を増やしていただけます。まずは小規模からスタートして、実際の利用状況や利便性、操作の快適性を確認していただいたうえで、段階的に拡張していただくのもおすすめです。

運用管理もお任せください!

運用をはじめる段階でもAPS シンクライアント基盤はお客さまを強力にサポート!統合運用管理製品『VirtualPCCenter』をあらかじめ組み込んでいますので、管理対象となるサーバのシステム稼働状況を統合ビューで一覧表示できるほか、仮想環境と物理環境それぞれのシステム状態を2つのビューで確認できるなど、NEC独自の見やすいGUIでより効率的なシステム運用を可能にします。

無いに越したことはないサーバ障害においても、障害発生を知らせるメールを運用管理者に送信すると同時に、仮想PCを健全なサーバへ自動的に移行して復旧します。運用管理者の復旧対応を待たずに、VDI利用者の業務を継続できる可用性も見逃せないポイントです。

また、仮想PCの基本構成をかんたんにテンプレート化することができるため、同じ構成で仮想PCを複製すれば従来のPCセットアップにかかっていた時間を大幅に短縮できるほか、アプリケーションの配布も一括でできるので、らくらくスピーディになります!セキュリティパッチの配信/適用もこれまでエンドユーザーに対応を依頼していたものが、VDIでは管理サーバ側で一括適用できるなど、日々の運用業務をとことん少なくするポイントが満載です!

VDI導入の疑問や不安をお客さまといっしょに解決します!

VDIのメリットを運用管理まで最大限に発揮するためのソリューションとして、スピーディかつ安心にVDIを構築するAPS シンクライアント基盤の魅力をご紹介しましたが、もっとくわしい情報が知りたい!という方には詳細な資料を下記からダウンロードしていただけます。
また、お客さまのPCご利用状況やご希望をうかがいながら、具体的な提案をさせていただくことも可能です。どうぞお気軽にお問い合わせください!

関連資料を公開中!

複合的なメリットを生みだすデスクトップ仮想化(VDI)をスピーディに実現!シンクライアントに最適なハードウェアとソフトウェアをあらかじめ設計/構築/検証してご提供するApplication Platform Suite シンクライアント基盤を詳しくご紹介しています。

関連資料ダウンロード

会員登録(無料)が必要です。

Application Platform Suite シンクライアント基盤の詳細はこちら

NECのデスクトップ仮想化ソリューションの詳細はこちら

  • 本ページに掲載された社名、商品名は各社の商標または登録商標です。
  • Citrix、Citrix XenDesktopは、米国Citrix System, Inc.の米国及びその他の 国における登録商標です。
  • VMwareは、米国及び その他の地域におけるVMware Inc.の登録商標または商標です。

ページの先頭へ戻る