ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. NEC Solution Platforms
  4. 特集記事
  5. 看護師業務の効率化で患者さまの迅速なケアを支援します!
ここから本文です。

看護師業務の効率化で患者さまの迅速なケアを支援します!

日本の看護師は大変!業務の効率化が病院経営を安定へ導くカギ

看護師はいつも忙しい、とイメージされる方が多いと思いますが、実際に、ほかの業種と比較しても、有効求人倍率が4倍以上、すなわち看護師の現場は、慢性的な人手不足という状況です。これは看護師が忙しくなるというだけではなく、患者さまが受けられるケアの質にも影響を及ぼす可能性があります。質の高い医療・ケアによって患者さまの安心・満足度を高めようと病院経営をされている方にとっても、見過ごせない課題なのではないでしょうか?

看護師が少なくても、質の高いケアを支援できます!

この課題を解決するには、看護師の数を増やせばいい。たしかにそうかもしれません。しかし、慢性的な人手不足に陥っているなか、この解決法はすぐには適用できません。

看護師の数は少なくても、質の高いケアを提供したい!そんな医療関係者のみなさまに、ぜひご紹介したいのが、看護業務の効率化を支援するコミュニケーション基盤『Application Platform for Healthcare』です。現在、多くの病院で医療関係者の連絡用に利用されているPHS。どこにいても電話に出られる利便性が、モビリティの高い看護師の業務を支援するために使われています。『Application Platform for Healthcare』 は、PHSの代わりにスマートフォンを活用することで、看護業務の効率化を支援します!

スマートフォンならではの大画面には、病室のカメラから送られるリアルタイムの患者さまの映像を映し出し、その患者さまのカルテ情報を表示されます。つまり、音声によるコミュニケーションに、リアルタイムの視覚情報やデータベースとしての患者さま情報が加わることで、PHSと比較して緊急度の判断をスピーディに行うことができるようになるのです。もちろん、従来のPHSでできていた複数台のスマートフォンを同時に呼び出すなどの機能はそのまま対応しています。

患者さまの転倒・転落事故も、そっと見守ることで防ぎます!

ひとり歩きや、ベッドから自力で立ち上がることに不安がある患者さまには、看護師のサポートが欠かせません。たとえ、その場に看護師がいない場合でも、ナースコールで呼び出してもらえばよいのですが、「このくらいだったら・・・」と看護師を呼ばずに、行動に移してしまうケースもあります。こういったときに起こりやすいのがベッドからの転落・転倒事故で、骨折などの思わぬ二次災害につながることも。

こうした事故を防ぐために活用したいのが、離床マットや各種センサーと連携した患者さまの見守り強化です。たとえば、ひとり歩きに不安がある患者さまがベッドから離れたときには、離床マットに設置されているセンサーがただちに反応して、看護師のスマートフォンにリアルタイムの映像がアラームとして表示されるため、思わぬ事故につながる危険性を低減することができます。

離床時の例離床時のイメージ

看護師業務の見える化で、高まる患者さまの満足度!

看護師の業務は、カルテに残るものだけではありません。些細なことでのナースコールの呼び出しにも、快く対応できるスキルは、患者さまの満足度に大きく寄与するポイントでもあります。『Application Platform for Healthcare』は、ログイン機能を備えていますので、各看護師が着信に対応した履歴や通話時間をログとして表示することができ、看護師業務を見える化します。看護師の評価基準のひとつとしても有効活用できるうえに、看護師の緊張感とモチベーションを上げ、ひいては患者さまの満足度を高めることにつながります。

看護業務の見える化看護業務の見える化

看護師業務の効率化に関心をお持ちのお客さまはぜひご相談ください!

看護師だけではなく、病院経営や患者さまにもメリットをもたらすポイントをここまで簡単にご紹介しましたが、「看護師は大変だ」、と現状をそのまま受け入れてしまわずに、その大変な業務を効率化して、さらに先に進めるソリューションを検討してみてはいかがでしょうか?ご希望いただければ、より詳細なご説明やお客さまの疑問やご相談にお応えすることも可能です。どうぞお気軽にお声掛けください!

Application Platform for Healthcareの詳細はこちら

※本製品は医療機器ではありません。

ページの先頭へ戻る