ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. サポートサービス
  3. アシストサービス
  4. システムディスク復旧サービス
ここから本文です。

システムディスク復旧サービス

システムディスク復旧サービスは、システムディスクの障害時、ディスク交換作業後にバックアップデータからの復旧作業まで一貫してサービスを実施し、お客様システムの業務再開までにおける時間の短縮を図ります。
お客様システムのシステム管理者及びシステムエンジニアへの業務削減や負担を削減します。

特色

2つのサポートでお客様システムは安心稼働
システムディスク復旧サービスとハードウェア保守サービス※¹を組み合わせることにより、障害発生時のオンサイト対応において、一貫したシステムの復旧作業を実施することができます。お客様システムのトラブル発生から復旧-稼働までの時間短縮が可能となります。

一貫したシステム復旧作業

障害発生時にはハードウェア保守サービス(システムディスク交換)、障害復旧時にはシステムディスク復旧サービス(システムディスクの復旧)をお客様システムに。三つの安心:早期復旧、お客様業務削減、復旧コスト削減

  • ※1:ハードウェア保守サービス→ハードウェアメンテナンスサービス・プラットフォームサポート

サービス概要

システムディスク復旧サービスは簡易的バックアップサービスとして導入がしやすく、またお客様システムの 規模や環境、お客様予算に合わせバックアップ形式を2タイプ「構築状態復旧(メディアタイプ)」、「稼働状態復旧(サーバタイプ)」のなかから選択いただくことが可能です。

お客様システムの規模や構成により2つのタイプから選択が可能

バックアップタイプ:上-構築状態復旧(メディアタイプ)、下-稼働状態復旧(サーバータイプ)、バックアップ先:上-本体内蔵DVD、下-バックアップサーバ、バックアップ:上-構築後1回のみ、下-スケジュールにて実行、最大バックアップ容量:上-4.7/9.4GBx枚数、下:サーバDiskに依存、復旧状態:上-サーバ・PC構築時へ復旧、下-バックアップ直前へ復旧、対象装置:上-サーバ、PC、下-サーバ

●構築状態復旧(メディアタイプ) サーバー PC
お客様システムの構築後にシステムディスクのバックアップをDVD媒体に採取いたします。
システムディスクの障害発生時(ディスク交換等)、復旧媒体(DVD)を使用してシステムディスクのリストアを実施いたします。

構築状態復旧(メディアタイプ)の概要図

サービス提供時に必要な装置、サポートサービス

  • 製品:DVDドライブ
  • サポートサービス:ハードウェアメンテナンスサービス・プラットフォームサポートベーシック(サーバのみ)以上

●稼働状態復旧(サーバタイプ) サーバー
お客様システムの構築後にシステムディスクのバックアップをバックアップサーバに採取し、お客様システムの稼動後も定期的にバックアップを実施いたします。
システムディスクの障害発生時(ディスク交換等)、バックアップサーバより、システムディスクのリストアを実施いたします。

稼働状態復旧(サーバタイプ)の概要図

サービス提供時に必要な装置、サポートサービス

  • 製品:バックアップサーバ・DPM・バックアップサーバ用OS
  • サポートサービス:PP・サポートサービス(DPM)・プラットフォームサポートベーシック以上

  • 各メニューにおいて、バックアップ取得時には装置の停止が必須となります。
  • バックアップサーバはお客様にてご準備していただきます。
  • HDD:ハードディスクドライブ PP:プログラムプロダクト OS:オペレーティングシステム
  • DPM:Deployment Manager

サービス対象製品

●対象ハードウエア
Express5800/100シリーズ サーバー
(ブレードサーバ、Eシリーズ、iシリーズは対象外)
ビジネスPC(Mate・VersaPro) PC

●対象OS

  • Windows Server 2008Standard Edition/ Enterprise Edition
  • Windows Server 2008 R2 Standard Edition/ Enterprise Edition
  • Windows Server 2012Standard Edition/Datacenter Edition(メディアタイプのみ)
  • RHEL Linux4以降
  • WindowsVista/Windows7 PC

●バックアップソフトウェア
  • WebSAM DeploymentManager Ver5.1 サーバー

  • Red Hat Enterprise Linux4以降は構築状態復旧(メディアタイプ)のみ可能です。
  • WebSAM DeploymentManagerは稼働状態復旧(サーバタイプ)に必要となります。
  • 本ページに記載の会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。

サービス内容

本サービスは「導入サービス」と「運用サービス」から構成されています。

サービス対応時間

構築・稼働状態復旧の日数時間帯(運用サービス)の組み合わせ(9パターン)からの選択となります。

サービス提供イメージ

構築状態復旧(メディアタイプ) サーバー

システムの構築後、あらかじめ専用の復旧媒体を作成し、トラブル時にはこの媒体よりシステムを構築時の状態へ復旧。保守拠点からCEがお客様を訪問し対応する図

構築状態復旧(メディアタイプ) PC

システム構築後、マスタPC(復旧媒体作成するための基本となるPC)から復旧用媒体を作成、トラブル時にはこの媒体よりPCを構築時の状態へ復旧。保守拠点からCEがお客様を訪問し対応する図

稼動状態復旧(サーバタイプ) サーバー

定期的なスケジュールバックアップにより最新データのバックアップが可能。バックアップサーバのHDDイメージからシステム稼働状態へ復旧。保守拠点からCEがお客様を訪問し対応する図

サービスラインナップ

構築状態復旧(メディアタイプ)と稼働状態復旧(サーバタイプ)の
サービスラインナップ・サービス比較

構築状態復旧(メディアタイプ)と稼働状態復旧(サーバタイプ)のサービスライナップ・サービス比較

ハードウェア保守サービスとの組み合わせ

サポートのサービス内容と組み合わせメリットを表した図です。

サービス料金・お問い合わせ

システムディスク復旧サービスはお見積もりによるサービスとなります。
サービスの詳細、見積もり依頼については最寄の担当営業へお問い合わせ願います。

ページの先頭へ戻る