ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. セキュリティソリューション
  4. ソリューション一覧
  5. 統合ログ管理要件定義サービス
ここから本文です。

統合ログ管理要件定義サービス

お客様の情報セキュリティポリシーの遵守・維持のために、各種ログを分析~活用するシステムについて、NECのノウハウによって短期間で要件定義するサービスです。

統合ログ管理の要件定義の重要性

各種のログ管理ツールを導入しても、課題が残る可能性があります。

(残った課題例)

  • どのログをとればよいか分からない。
  • 内部統制監査で必要とされるレポートが簡単に作成できない。
  • ログを収集したが、レスポンスが遅くなった。
  • 違反を発見したときの業務の流れが決まっていない。

NECの統合ログ管理要件定義サービスを活用することで、効率的に要件を整理します。

お客様が抱えている課題例

  • 利用者、システム管理者およびシステムベンダーによる情報の不正入手、持ち出しの可能性
  • 情報流出発生の予兆検知が困難
  • 情報流出発生時の流出元および影響の調査が困難

統合ログ管理要件定義サービスの特長

  • NECの実践しているノウハウを元に効果的なログ分析のシナリオを提供します。
  • 「ツール前提」ではない「機能前提」の偏りのない要件定義を行います。
  • 脅威に対して、目的整合性の取れた業務要件とシステム要件を短期間で整理します。

統合ログ管理要件定義サービスの実績の一例

お客様の業種 お客様の規模
金融業 A社様 約40システム
金融業 B社様 サーバ約300台
金融業 C社様 約20システム

統合ログ管理の要件定義で何ができるか

システム調達のための、明確な要件定義書を作成します。

明確な要件定義書を作成

ページの先頭へ戻る