ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. セキュリティソリューション
  4. ソリューション一覧
  5. 統合ID管理要件定義サービス
ここから本文です。

統合ID管理要件定義サービス

統合ID管理システム構築・運用に必要な要件について、実際の構築、運用経験を元に短期間で要件を整理するためのサービスです。

統合ID管理の要件定義の重要性

統合ID管理システム構築で陥りやすい落とし穴

  • トップ、役員の説得ができないため予算承認がされない
  • ポリシー決めや業務要件定義をしないで設計に入る
  • ツール先行型で作ってしまう
  • 展開を考慮せずに要件定義、設計を行う
  • アクセス制御の集中管理を過度に期待する
  • LDAPサーバにこだわる
  • 汎銀河統合ID管理システムを作る

NECの統合ID管理要件定義サービスを活用することで、効率的に要件を整理します。

お客様が抱えている課題例

  • 未使用IDによる情報漏えいの危険性
  • 不正PCアクセス、不正持ち出しのリスク増加
  • 漏洩後の分析ができず、適切な対応が実施できない

統合ID管理要件定義サービスの特長

  • NEC社内、他社でのベストプラクティスを示し、「作ったけど使われないシステム」の構築を防ぎます。
  • 「ツール前提」ではない「機能前提」の偏りのない要件定義を行います。
  • NECの統合ID管理システムの企画・構築・展開・運用を主体的に実施したメンバーが直接支援します。

統合ID管理要件定義サービスの実績の一例

お客様の業種 お客様の規模(対象ID数)
商社 A社様 約20,000
建設 B社様 約12,000~
官公庁 C庁様 約10,000
機器販売 D社様 約3,000

統合ID管理の要件定義で何ができるか

システム調達のための、明確な要件定義書を作成します。

明確な要件定義書を作成

ページの先頭へ戻る