Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

診断結果:端末の社内ネットワーク接続環境に課題があります

貴社は、内部情報漏えい対策において、端末の社内ネットワーク接続環境に課題がある層に分類されます。

課題の傾向・危険性

貴社のネットワークには、管理外の私物PCやスマートデバイスなどの端末が持ち込まれ、接続される危険性があります。
社内ネットワークに管理外の端末が接続できてしまうと、ポリシーに適さない端末から社内のシステムにアクセスできてしまいます。
その結果、管理外の端末に機密情報が抜き取られたり、管理外端末からウイルスに二次感染したりする危険性が潜んでいます。
さらに、無線LANなどのアクセスポイントを利用している場合には、従業員だけではなく、外部の第三者が社内システムにアクセスできる可能性もあり、この課題のリスクの対象範囲も広がります。

推奨される対策

利用を許可していない端末(私物のPCやスマートデバイスなど)からの社内ネットワーク接続を遮断することを推奨します。

次に、管理対象の端末でも退職者の端末や使われていない端末が残っていると、不正に利用され、情報を持ち出される可能性もあるため、管理対象の端末が社内ネットワークに何台接続されているのか、最新の接続日時はいつなのか、IPアドレス、MACアドレス、OS種別などの情報はどのようになっているのかを常時把握することを推奨します。

推奨される対策に関連する資料のダウンロード