Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

診断結果:IT利用環境の管理に課題があります

貴社は、内部情報漏えい対策において、IT利用環境の管理に課題がある層に分類されます。

課題の傾向・危険性

貴社のシステムでは、私物のUSBデバイス(USBメモリやスマートフォンなど)をPC端末に、私物PCやスマートデバイスを社内ネットワークに接続される危険性があります。
私物のUSBデバイスやPC/スマートデバイスが社内システム環境に接続されると、情報が不正に抜き取られる可能性があります。また、許可されていないPC/スマートデバイスが社内ネットワーク接続されることで、社内のPCやサーバがウイルスに二次感染するといった危険性も潜んでいます。

推奨される対策

IT利用環境の管理に課題のある層に分類される方は、内部情報漏えいへの対策として、3つのポイントの対策を段階的に対策していくことを推奨します。

  • ポイント1:管理外のPC/スマートデバイスの社内ネットワーク接続の防止
    管理外のPC/スマートデバイスから社内ネットワークへの接続を検知・遮断し、情報漏えいを防止すること。
  • ポイント2:USBデバイスの利用制限
    PC端末のUSBポートに接続できるUSBデバイスを制限し、データの持ち出しを防止すること。
  • ポイント3:機密ファイルの管理
    万が一、ファイルが外部に持ち出されても中身(情報)が洩れないように、ファイルを二重に保護(暗号化+ユーザ認証)すること。

推奨される対策に関連する資料のダウンロード