ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

従来のファイル保護方法を見直し、標的型攻撃にそなえる

日本国内では、標的型攻撃の被害が増えているなか、「自社も標的型攻撃により、機密情報が漏えいするのではないか」と 不安になられる方も多いのではないでしょうか。
標的型攻撃による情報漏えいを防ぐ「最後の砦」となるファイルの暗号化。

標的型攻撃へ備えるためには、「パスワード設定」や「自己復号型(暗号化したファイルを復号する際、パスワード入力が必要な方式)暗号化ソフトウェアでファイルを保護」する運用で、リスクが発生する要因となっていた利用者の利便性に関する問題を解決して、機密情報を守ることができる【暗号化+アクセス権限(IRM)による保護方法】が有効です。

IRM暗号化(暗号化+アクセス権限)は、どのような効果があるのか、4つの観点から解説します。

#IRM:Information Rights Management

ページの先頭へ戻る