ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

そのままで大丈夫?入口対策・出口対策に踏み出す理由とは

最近では、幅広い規模・業種の企業への標的型攻撃も増えており、マイナンバーなど企業で抱える機密情報・個人情報が増えているため、ターゲットになる企業は、今後もますます広がっていくと予想されます。

しかし、標的型攻撃の脅威は認識しているものの、「自社は標的型攻撃を受けていない」「自社は標的型攻撃のターゲットにはならない」という考えから、標的型攻撃対策(入口対策・出口対策)の検討が進まないケースがあります。
場合によっては、「侵入前提で他のセキュリティ対策も必要なら入口対策不要ではないか?」と入口対策の検討すらされないケースもあります。

その理由とリスクは・・・

ページの先頭へ戻る