ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. SecureWare
  4. 製品一覧
  5. SecureWare/秘密鍵装置マネージャ
  6. 特長/機能
ここから本文です。

SecureWare/秘密鍵装置マネージャ - 特長/機能

特長/機能

公開鍵暗号方式(RSA)の鍵ペアの管理

装置内に保持している秘密鍵でのデジタル署名や暗号化データの復号を行うことができます。

複数装置の一括管理

管理GUIを提供し、1サーバに対して最大32装置まで一括管理が可能です。これにより、暗号処理の重要度の差を考慮した“鍵”の選択が可能となります。

装置の不正利用防止

装置ごとに管理者の設定が可能です。これにより、盗難にあっても装置内の“鍵”の不正利用を防ぎます。

装置の不正交換防止

常にどの装置が接続されているか監視しています。これにより、不正に装置を取り替えられても管理者が意図しない“鍵”での処理を防ぎます。

装置の不正解体/不正操作の監視

検出したアラーム情報はマネージャのログファイルに記録されます。

様々なログ情報が採取可能

  • 装置のパネルから投入された全てのコマンド,障害情報
  • ユーザAPからの全ての要求およびその処理結果
  • 署名発行情報

ライブラリの提供

アプリケーションから装置にアクセスするためのAPIを提供しています。

提供API一覧(一部)

インタフェース名 概要
sbx_PubKeyRead 公開鍵読み込み関数
sbx_UnsealRsaBlock 公開鍵暗号方式の復号関数
sbx_GenerateRandom 乱数生成関数
sbx_SerialNumberGet 署名通番読み込み関数
sbx_CertSignature 署名関数

ページの先頭へ戻る