ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC SDN Solutions
  3. 特集記事
  4. 既存ネットワークとの親和性が高く多様なニーズに応えるハイブリッド適用モデル
ここから本文です。

既存ネットワークとの親和性が高く多様なニーズに応えるハイブリッド適用モデル

SDN導入のマイグレーションシナリオ例

本社と支社、製造拠点、販売拠点、さらにメインとサブのDCをNWで接続している企業で、段階的にSDN導入を進める例を図9に示す。

まず第1段階としてアドオンモデルによりサーバやNW機器を集約し、設備コストを削減する。第2段階ではエッジ置換モデルにより、既存エッジスイッチをSDN対応製品に置換し、LANの運用コストを削減する。第3段階では、アドオンモデルを拠点間通信の制御に適用して回線の利用効率を最適化する。

このように、複数の適用モデルを組み合わせることで、SDNへのマイグレーションを段階的に進められる。実際にSDNを導入する場合はお客様企業の課題や状況に応じて、NECが適用モデルを組み合わせ、適切な優先順位でSDN 化するプランを検討して提案する。

図9 段階的なハイブリッド適用

詳細資料を公開中!

ページの先頭へ戻る