ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC SDN Solutions
  3. 特集記事
  4. 既存ネットワークとの親和性が高く多様なニーズに応えるハイブリッド適用モデル
ここから本文です。

既存ネットワークとの親和性が高く多様なニーズに応えるハイブリッド適用モデル

詳細資料を公開中!

SDNの認知度が向上し、導入を検討する企業が増え始めている。一方、「既存ネットワーク(以下、NW)を一度にすべて置き換える必要があるのでは?」という不安を感じ、導入をためらう企業も存在する。NECは、既存NWとの共存が可能で、課題解決や機能改善に必要な部分にピンポイントでSDNを適用する、“ハイブリッド適用モデル”を提案し、SDN 導入に関する不安を和らげている。

日本電気株式会社 ソリューションプラットフォーム統括本部 エキスパート 河合 英紀 氏

日本電気株式会社
ソリューションプラットフォーム
統括本部 エキスパート
河合 英紀 氏

SDN導入にあたりお客様企業が抱く不安を解消

激しい経営環境の変化に対応するための企業の経営課題には、ICTシステムが解決のカギを握ることも多い。たとえば新しいサービスを迅速に展開するには、それを支えるICTシステムが素早く構築される必要がある。また、設備や運用コストを削減するためには、データセンター(以下、DC)内のハードウェアを集約・共有化したり、管理をシンプル・フレキシブルにして運用コストを削減したりといった対策が重要である。

さらに、災害やセキュリティ事故といった不測のリスクに対処するためには、ICTシステムの高信頼化・堅牢化が不可欠である。NECは、企業が激しい経営環境の変化に追随するためには「サーバとNWの仮想化による柔軟なICTシステムが必要」と訴えており、SDNの導入を提案している。しかしお客様企業には共通の不安があるとして、ソリューションプラットフォーム統括本部エキスパート 河合英紀氏は次のように語る。

「お客様からよくご質問いただく不安要素の1つは『既存のNW機器をすべてSDN対応製品に交換しなければいけないのか?』です。答えは『NO』です。実際に私どもはSDNを必要な部分にピンポイントで導入する”ハイブリッド適用モデル”を提案しています。」

SDNのハイブリッド適用モデル

前出のハイブリッド適用モデルは、目的に合せてNWの一部にSDNを適用し、既存NWと共存させるというもので、図1に示すように大きく3つに分類できる。

その1つ“アドオン型”は、LANの入り口などにピンポイントでSDNコンポーネントを追加するというものだ。たとえばファイアウォールなどのNWアプライアンスを仮想化して集約・共有化するといった目的に適している。

これに対し“部分置換型”では、既存NW の一部を置き換え、SDN化する。部分置換型は置換する箇所により、さらに“エッジ置換モデル”、“コア置換モデル”、“パススルーモデル”に分類することができる。

たとえば、エッジ置換モデルは、サーバやクライアントをNW に収容するエッジ部分にSDNコンポーネントを導入する。この適用モデルでは、システムや組織の拡大に伴って新規サーバやNWを柔軟に追加できる点がメリットだ。また、既存スイッチとしても動作するが、将来的にOpenFlow 機能が動作可能なSDNReady製品を導入しておくと、後からSDNコントローラを追加することで部分置換型のSDN化が可能になり、移行もスムーズだ。

“オーバーレイ型”はサーバ上に仮想スイッチを導入することでSDNを適用するモデルだ。仮想サーバの生成・移動・消滅が頻繁に発生する大規模データセンターに適している。

図1 SDNのハイブリッド適用モデル一覧

詳細資料を公開中!

ページの先頭へ戻る