ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC SDN Solutions
  3. ソリューションメニュー
  4. ネットワーク運用自動化ソリューション
ここから本文です。

ネットワーク運用自動化ソリューション

(WebSAM Network Automation + UNIVERGE PFシリーズ)

IPアドレスやVLAN IDなどのネットワークリソースを、構成管理データベース上で一元管理し、SDN(Software-Defined Networking)と従来型のネットワーク(従来技術のスイッチやファイアウォール、ロードバランサ)が混在する、ハイブリッドネットワーク環境の構築と運用を自動化。
運用コストや管理者負担を軽減し、ネットワークリソースの迅速な提供を実現します。

課題とあるべき姿

仮想化、クラウド化の普及により、複雑化する企業のネットワーク環境を一元的に管理し、既存のネットワークリソースを活かした効率的なネットワーク運用を実現します。
複数の拠点やデータセンターの煩雑なネットワーク管理や、急激なビジネス環境の変化に対応した、ICTシステムの構築や変更など、迅速で効率的なソリューションを提供します。

ソリューションイメージ

手間のかかるネットワークの設計・設定作業の自動化や、構成管理データベース上に構築したリソースの管理台帳を使ったネットワークリソースの一元管理など、手作業だった一連の管理業務を自動化・効率化します。
また、広域に展開する拠点やデータセンターのネットワークを一元管理し、運用管理コストをトータルに削減します。

機能・特長

ネットワーク設計・設定作業を自動化・効率化

SDN対応製品に加えて、ファイアウォール、ロードバランサ等、従来型のネットワーク機器を含めたハイブリッドネットワーク環境において、ネットワークの設計・設定作業を自動化します。
また、提供するネットワークリソースを標準化し、検証まで、あらかじめ実施しておくことで、都度の設計・設定・検証工数を削減し、運用を効率化します。

ネットワークリソースを管理台帳で一元管理

従来、表計算ソフトなどのツールを使い、手作業で管理していたIPアドレスやVLAN IDなどのネットワークリソースをプール化し、データベース上で一元管理(台帳管理)。
ネットワークリソースの割当てポリシーを予め設定することで、ネットワークリソースの管理台帳を自動的に生成し、利用状況や利用者情報を自動更新。ネットワークリソースの割当て自動化により、割当てミスを防止します。

広域、分散データセンターにまたがったネットワーク運用

複数のデータセンターとその間を結ぶWANについてSDNを導入し、WANの回線種別に合わせてL2延伸技術※を利用することで、データセンター間において、ネットワークリソースの融通が可能です。

  • 以下のL2延伸技術に対応。
  • i)Hop By Hop方式( OpenFlow)
  • ii)Overlay方式( VXLAN、Ether Over IP)

モデルシステム構成

利用者は、セルフサービスポータルを介して、ネットワークのリソース要求を行うだけで、リソースプールからネットワークリソースの払い出しが自動的に行われます。
これにより、管理者は、運用作業全般の負荷を軽減でき、利用者は必要なネットワーク環境をすばやく入手、ビジネスのスピーディな立ち上げと状況変化に即応できます。

ページの先頭へ戻る