ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC SDN Solutions
  3. ソリューションメニュー
  4. Office365 アクセス自動化ソリューション
ここから本文です。

Office365 アクセス自動化ソリューション

近年、業務効率向上のために、クラウドサービスの利用が広がっていますが、快適なクラウド利用のためにはネットワークの課題解決も必要です。
NECは、ユーザの業務効率を向上するだけでなく、ネットワーク運用の効率化も実現し、Office 365 導入企業の全従業員に快適なクラウド利用環境を提供します。

このようなお困りごとはありませんか?

Office 365 のアクセスが遅い

  • アプリケーションのレスポンスが遅く、業務効率がなかなか上がらない。

運用の工数増

  • Office 365 のURLリストが更新されるたびに、設定作業が発生し、運用工数が増加。

PACファイル:Proxy Auto-Configファイル(自動構成スクリプト)

ネットワーク環境の負荷増

  • セッション数や通信量が増え、ProxyやInternet回線を圧迫している。
  • 今後の利用者拡張を見据え、ProxyやInternet回線の性能を上げたいが、コストが高く、導入が難しい。

NECからのご提案

ネットワーク運用者の負荷・機器コストを抑えつつ、ストレスフリーなOffice 365 利用環境を実現します。
お客様の環境にあわせて、2種類の提案を用意しております。

提案1:Internet回線 オフロード

拠点側でOffice 365 の通信をオフロード(迂回)させ、データセンターを介する通信回線やデータセンター内の既設Proxyの負荷を抑制します。

対応製品
(ラインナップ)
以下のような要望・課題をお持ちのお客様へ

VPN対応高速アクセスルータ
UNIVERGE IXシリーズ
(Ver.9.4以降)
  • 既設のProxyを高価な製品にアップグレードしたくない。
  • WAN回線の増強をしたくない。
  • データセンター内のトラフィック増加を抑えたい。
  • すでに多拠点でンターネット回線を利用している。

提案2:Proxy オフロード

データセンターでOffice 365 の通信をオフロード(迂回)し、既設Proxyに対する通信負荷を抑制します。

対応製品
(ラインナップ)
以下のような要望・課題をお持ちのお客様へ

A10 Thunder
(Ver 4 以降)
  • 既設のProxyを高価な製品にアップグレードしたくない。
  • データセンターからのインターネット出口を変更せず、既存のセキュリティレベルを維持したい。

F5 BIG-IP
(Ver 11.5.1 HF5以降)

NECならではの特長

SDNによる運用自動化

ポイント1:Office 365 URLリスト反映の自動化

NECではルータ、Cloud Proxy機器単体でSDNによる運用自動化(Office 365 URLリストの自動取得、自動反映)を実現しています。そのため、別途サーバーの設置や、クラウドサービスなどは必要ありません。

ポイント2:Internet回線オフロードでのPAC(Proxy Auto-Config)ファイルの配信

Internet回線オフロードでは、端末でのプロキシ除外設定が必要です。しかし、端末利用ユーザやネットワーク管理者がOffice 365 のリスト変更に伴う作業を実施することは現実的ではありません。ルータが企業のPACファイルとOffice 365 のリストを合わせたPACファイルを自動生成し、端末へ自動配信します。
ユーザは何も気にすることなく、Office 365 にアクセスし業務を行うことができます。

ページの先頭へ戻る