ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. NEC SDN Solutions
  3. ケーススタディ
  4. 活用例2
ここから本文です。

活用例2
万全で強固なセキュリティ対策(自動車部品製造業)

人事情報やポリシー管理と連動したアクセス制御により、セキュアで柔軟なネットワークを迅速に構築。

業種 自動車部品製造業
導入業務 人事異動や社員増減時のアクセス権設定・管理
ソリューション NEC SDN Solutions「オフィスLAN最適化ソリューション(どこでもネットワーク)

拠点や工場を全国各地へ展開する自動車部品メーカーのような組織における、NEC SDN Solutions の活用例をご紹介します。人事異動時や季節によって増減する臨時社員などによる、社内ネットワークへのアクセス権管理業務の非効率化や、強固なセキュリティを要求される開発プロジェクトにおけるデータ管理の不安といった課題を、「オフィスLAN最適化ソリューション(どこでもネットワーク)」を導入することで解決します。

  • SDN:Software-Defined Networking

課題と成果

課題 成果
人事異動や組織変更、フロアレイアウト変更にともなう情報システム部門の作業負荷が急増。 設定変更に要する作業の負荷が減り、スタッフは本来のシステム業務に専念。
複雑な組織やプロジェクトにおけるアクセス権設定を手動で実施。設定ミスの可能性から、情報漏えいや不正攻撃のリスクに対するネットワークセキュリティの脆弱化が不安。 人事情報やセキュリティポリシーと連動したアクセス制御の自動化でミスを低減し、同時にネットワーク全体で不正アクセスや情報漏えいに対する安全性を向上。
新たな開発プロジェクトを設置する際、情報インフラの提供に時間がかかり迅速な対応が不可能。 これまでになく柔軟で機動力に優れた、セキュアなICTリソースのタイムリーな提供が可能。

人事異動や臨時社員の増減でアクセス権管理が煩雑化

同社では、毎年300名近い社員の人事異動や転勤が行われ、それぞれの社員に付加された社内ネットワークへのアクセス権変更は手作業で実施していました。また、自動車部品メーカーに特有の臨時社員が流動的に増減する課題もありました。新車発表を控えた季節や各種キャンペーンなど、製品の大量需要が見込める時期には、生産ラインや配送センターをはじめ臨時社員が急増します。
社員の異動に加え、時期によって変動する臨時社員の存在が、人事に即したアクセス権管理の作業負荷をさらに高めていました。

情報システム部SE

また、アクセス権が手動設定なので、ミスも多かったといいます。

情報システム部SE

社内からのリスクに加え、社外からの標的型攻撃に対しても、ネットワーク全体で防御力を底上げできる仕組みづくりを検討中でした。
部品メーカーの特性として、変動の多い開発プロジェクトが数多く存在すること、新規プロジェクトが頻繁に立ち上がること、部品技術の進歩などで新たな部門やチームが設置されやすいこと、製造品目が多種に渡ることなども、アクセス権管理をより複雑化している要因でした。
また、上記のセキュリティ課題に加え、同社の営業マンが使いなれたスマートフォンやタブレットを使って、社内システムへ安全にアクセスできるようにしたいという要望もありました。いつでも、どこへ移動してもデバイス単位でセキュアなアクセス制御が行えるというBYOD*のテーマです。

  • *BYOD(Bring Your Own Device):社員が所有する情報端末を業務でも活用すること。

セキュアなネットワーク確立と、管理作業の劇的な効率化を両立する方法とは?

情報システム部SE

オフィスLAN最適化ソリューション(どこでもネットワーク)は、一元化された認証情報により社員の異動や増減といった変動に関わらず、各拠点や部門にある多彩な端末から社内ネットワークへ接続した際、その場所や端末に適した制御や割り当てをすべて自動化することが可能です。つまり、アクセスする“人”の正確な特定と、非常に高いセキュリティ環境を確保することができます。

拡大する強固なセキュリティと利用者・管理者の業務効率化を両立

情報システム部SE

同時に、社内イントラからの情報漏えい防止に加え、ネットワークレベルでの強固なセキュリティを確保できたため、社外からの不正アクセスや標的型攻撃に対しても、堅牢な防御体制を確立することができました。

必要なときに安全なICTリソースをすばやく提供できる機動力を備えるには?

新規プロジェクトの発足による新たな社内システムの構築や新製品の開発など、期間限定あるいは流動的なプロジェクトのセキュアなネットワーク構築にも、SDNのオフィスLAN最適化ソリューション(どこでもネットワーク)は最適です。複数の部門・プロジェクトにまたがる業務システムや、スタッフの拠点間移動・変更にも迅速に対応でき、これまでになく柔軟で機動力に優れたネットワークを構築できます。

拡大するプロジェクト単位の柔軟なネットワークを迅速に構築

情報システム部SE

若い社員たちの感覚や価値観を重視する、自動車部品メーカーならではのアクセス制御ニーズです。デバイス単位のアクセス制御が容易なオフィスLAN最適化ソリューション(どこでもネットワーク)は、差し迫ったセキュリティの課題解決のみならず、システムの将来を見すえたセキュアなネットワーク環境を創造できます。

ページの先頭へ戻る