ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ストレスチェックを伴った労務環境改善システム
  3. 機能紹介
ここから本文です。

主な機能

-ストレスチェックを伴った労務環境改善システム

「ストレスチェックを伴った労務環境改善システム」の機能概要をご紹介します。

ストレス状態を見える化

独自のレーダーチャート形式でストレス状態を見える化します

・専門医監修による診断コメントの自動出力
・レーダーチャートによる分析の見える化
・全国平均との比較

多角的な視点からの集団分析によりストレス状態の傾向を見える化します

サンプルを添付します(以下は一例です)

未確定勤務情報一覧イメージ

ストレスの要因はさまざまな場面に潜んでいます。

多角的視点からのストレスの見える化から、改善に繋げ、従業員の心の健康改善~生産性の向上により、企業利益UPに繋げることができます。

ストレス要因を自由に設定

パラメータ設定により、人事・就業情報を通じた不調原因の事前察知が可能

⇒過重労働や異動によるストレス要因の抽出条件を簡易に設定します

Point1: 過重労働、遅刻/早退の回数、異動などストレス要因となりうる項目を設定
Point2: 例えば過重労働であれば、40時間/80時間/100時間といった段階的なしきい値設定により、事前にアラーム状態を検知できる体制を構築(労災認定対策)

メンタル不調を未然に防止

ワンクリックで、メンタル不調になりうる可能性のある従業員を見える化します

Point1: 抽出ボタンをクリックすると、事前設定したパラメータに合わせてアラーム状態を見える化
Point2: アラーム状態は段階的に色分けをして、危険度を直感的に察知
Point3: メンタル不調の可能性のある従業員は、上司面談に移行

標準機能の上司面談チェックシートと問診票を用いて、未然のケアを実施します

メンタル不調の可能性のある従業員をピックアップしても、その後は何をすればいいの??という様な悩みはいりません。システムに従って処理を進めるだけです。

ワークライフバランスの推進

当社のご提案するPDCAサイクルにてワークライフバランスを推進できます

ワークライフバランスとは「仕事と生活の調和」と訳され、「国民一人ひとりがやりがいや充実感を持ちながら働き、仕事上の責任を果たすと共に、家庭や地域生活などにおいても子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる」ことを指します。

ワークライフバランスの推進のイメージ

詳細資料をダウンロードいただけます。

資料ダウンロード

お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る